クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『女子高生に殺されたい』原作・古屋兎丸×城定秀夫監督対談 「面白ければ改変OK」「田中圭さんがハマり役」

映画

 危険な欲望に取り憑かれた高校教師の“完全犯罪”を描く漫画家・古屋兎丸の衝撃作『女子高生に殺されたい』が、実写映画となってスクリーンに登場。自身が殺される状況に興奮を覚えるという主人公・春人役には田中圭が抜てきされ、きわどい題材に真正面から挑みつつ、春人のターゲットへの恐ろしいほどの執着や、二面性を鮮やかに体現している。映画を鑑賞した原作の古屋は、「城定監督にお任せしてよかった」とメガホンをとった城定秀夫監督に感謝しきり。映画オリジナルの展開を見せる内容への思いや、田中の演技力についてなど、古屋と城定監督がお互いから受ける刺激をたっぷりと語り合った。

映画『女子高生に殺されたい』場面写真

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv