クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

東山紀之、子どものころから知る岡本圭人との共演に感慨「すごくいい真剣勝負ができる」

エンタメ

(左から)岡本圭人、東山紀之
(左から)岡本圭人、東山紀之 クランクイン!

関連 :

東山紀之

岡本圭人

 ゲイの男性が育児放棄された障がいを持つ子どもを育てたという実話に着想を得て製作され、日本でも広く支持を集めた映画を、世界で初めて舞台化した『チョコレートドーナツ』が満を持して再演される。2020年の初演に引き続き主演を務める東山紀之と、今回初参加となる岡本圭人にインタビューすると、気心知れた同士、まだ稽古開始前の8月でも温かい雰囲気で作品への思いを語ってくれた。

【写真】再びパワフル&パッショナブルなルディ役に挑戦する東山紀之

◆岡本圭人のポール役に納得「おぉ、なるほど!」

 シンガーを夢見ながら、ショーパブのクチパク・ダンサーとして日銭を稼ぐルディ。出口の見えない生活の中、ルディの人生は、運命の人ポール、隣室のダウン症のある少年マルコと出逢うことで変わっていく。ルディとポールは、悩み、迷いつつ、手を組んで世の中に立ち向かう。

 トニー賞受賞俳優アラン・カミングが主演した映画をベースに、宮本亞門が翻案・脚本・演出を手掛ける本作。舞台版では、70年代のアメリカのヒットナンバーを散りばめた華やかなショーシーンと、緊迫の法廷ドラマを織り交ぜつつ、愛と希望、未来を求めて、苦闘する人間の姿を感動的に謳い上げるヒューマンドラマを届ける。

 初演ではルディ役の東山がその卓越したダンス、歌、演技で観客を魅了し大評判を集めた。今回ポール役には谷原章介に代わり岡本圭人を抜擢し、高畑淳子、まりゑ、山西惇ら実力派キャストが脇を固める。またマルコ役には初演同様、実際にダウン症のある青年のオーディションを実施し、トリプルキャストで丹下開登、鎗田雄大、鈴木魁人が選ばれた。

――コロナ禍での中止もあった2020年の初演から3年ぶりの再演となります。

東山:本当にコロナ禍の大変な時だったので、中止になった公演もあったりと、自分の無力さを感じたりもしました。でも、自分自身も感銘を受ける物語でしたし、やっとコロナ禍も落ち着いてきた今こそ、さらに研ぎ澄まされたものをお届けしたいなと気持ちを新たにしました。

――今回はポール役を岡本圭人さんが演じられます。

東山:(ポール役が)圭人って言われた時には、「おぉ、なるほど!」って納得感があったというか、不思議としっくり感があったんですよね。圭人の舞台も彼に誘われて観に行ってましたが、素敵な俳優さんになられたと思いますし。今回の共演で素晴らしいものができたら、僕にとっても圭人にとっても財産になりますし、圭人のファンの皆さんにも彼の新たなチャレンジをぜひ見ていただきたいなという思いが強くなりました。

岡本:東山さんは、父(岡本健一)の先輩でもあるので緊張感もあったんですけど、このように言っていただけて、不安だったところがちょっとなくなりました(笑)。稽古を共にして過ごす時間がすごく楽しみです。

――俳優としてのお互いの印象はいかがですか?

東山:幼少期から圭人を見てますけど、ある瞬間から一本筋が入ったというか、本気になったなっていう感じがあって。内野(聖陽)さんとやった舞台(編集部注:2022年上演の『M.バタフライ』)だったかな? 京劇の女形の役に体当たりする姿を見た時に、彼の本気さというのを感じました。大人になったなと思っていた時に今回の話が来たので、すごくいい真剣勝負ができるような気がしますね。

岡本:ぜひ観ていただきたくて、頑張ってお誘いしたんです(笑)。僕は子どものころから『PLAYZONE』を観て育っているので、ずっと観ていた舞台に立っていた方とこういう形で共演できるというのはすごく幸せなことだなって感じています。

(東山は)スターですよね。華というか…。父の舞台を見ることがとても多かったんですけど、それとはまた違う“光”という感じの華、立っているだけで光が射しているような感じですね。その光に負けないように自分も輝きたいなって思っています。

次ページ

◆宮本亞門の演出で引き出されたルディの魅力

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る