クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

青木崇高、映画『るろ剣』を語る「左之助は剣心のことが好きでたまらない」

映画

青木崇高、剣心役の佐藤健は「静かなる炎」と絶賛
青木崇高、剣心役の佐藤健は「静かなる炎」と絶賛 クランクイン!

 剣心と彼を取り巻く人々の生き様を壮絶なアクションとともに魅せる『るろうに剣心 京都大火編』が大ヒットを記録している。戦いの渦の中で、観客をどこかホッとさせてくれる存在が青木崇高演じる喧嘩屋の相楽左之助だ。そこで『るろうに剣心 伝説の最期編』公開を前に青木を直撃。「日本映画史に残るシーンになった」と胸を張るクライマックス。佐藤健と共演を重ねた感想を聞いた。

【関連】青木崇高インタビューフォトギャラリー

 左之助は、仲間の剣心を守るべく戦いに身を投じてゆく男だ。キャラクターの個性・背景を物語るようなアクションが見どころとなるが、左之助の戦い方はワクワクするような“面白さ”にあふれている。青木は「あの戦い方は、剣心はやらないですね」とニヤリ。

 前作から続投組の彼だが、本作の現場では「脚本はあくまでも設計図」だそうで、「現場で作っていく」というスタイルだった。「続編となると、僕だけじゃなくていろんな人がどんどんアイディアを出してくるんです。装飾や美術の人も“このアイテムがあったら、左之助は何やっちゃうの?”みたいな感じで。キャラクターの認識がみんなに伝わっているから、アイディアもより深いものになる。続編をやってみて、それは面白いと感じました」。

 「精神性の中にアクションがある」と力強く語る。「左之助から精神性を取り込んでいる以上、自分の動きこそ、左之助の動きだと信じている」と役柄を身の内に染み込ませて臨んだ。左之助の個性とはどんなものかと尋ねると、「愛されるキャラクターだなと思っていて。左之助の戦いは、ちょっと顔がほころぶような、緩急がつくようなシーンになれば良いなと思っていました」とうなずく。

 クライマックスの志々雄(藤原竜也)との戦いは、観る者を圧倒する名シーンに仕上がった。「周りが強過ぎますからね(笑)。彼らが超人だとしたら、左之助は観客の方も皮膚感覚がわかるような、痛みがわかるようなキャラクターになったと思います」と青木。現場の雰囲気は「修羅の中にいるようだった」と振り返る。「本当にすごかった。とにかくみんなが、キャラクターとしてどう戦うかしか考えていなかった。最後までよくたどり着けたと思います」。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連情報

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access