クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

朝ドラ『まれ』に抜擢された注目株・葉山奨之、デビュー当時は先輩・小栗旬を意識

映画

2015年期待の若手俳優・葉山奨之に迫る
2015年期待の若手俳優・葉山奨之に迫る

 NHK朝の連続テレビ小説『まれ』でヒロイン・土屋太鳳の弟・一徹役に抜擢された葉山奨之は、若手俳優の中でも注目株の一人だ。ここ最近では、映画『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』、『超能力研究部の3人』、ドラマ『Nのために』などで好演。2月には『狂人なおもて往生をとぐ』で初舞台を踏む。3月に公開される映画『あしたになれば。』でも、主人公の親友役として出演する俳優・葉山の人物像に迫ってみた。

【関連】「葉山奨之」フォトギャラリー

 『あしたになれば。』は、大阪・南河内を舞台にした甘酸っぱい青春群像ストーリー。グルメコンテストに出場する高校生たちの瑞々しい奮闘ぶりを描いている。今まで、葉山は二面性を持つ生徒会長(ドラマ『夜のせんせい』)など陰のあるキャラクターを演じることが多かったが、本作では、お調子者で明るく、友達思いの高校生役を務める。

 「この役に関しては自分とほとんど変わらないです。関西弁でいうと“いちびり”です。役作りとかほとんどやってないですね」と断言する葉山。キャストは同世代の俳優で固められており、アドリブも多く、和やかな現場だったという。「でも、主役の小関(裕太)くんは僕とは正反対で真面目なタイプ。僕はどうにか邪魔しようと、ちょっかいばかり出してましたね」と葉山はニヤリと笑う。

 同性でもうっとりしてしまうような端正な顔立ちだが、表情豊かで気取りがない葉山。元々は大阪府出身で、小学校2年のときに親の仕事の関係で上京した。それでも家に帰ると今でも関西弁になるそうだ。また、子どものころから好奇心旺盛。小学生からピアノやギター、キックボクシング、合気道など数多くの習い事をしていたという。「お母さんが行くところにはどこへでもついていきました。なんでもやってみたいんです。それは今でも変わらない」と葉山は朗らかに笑う。

 小栗旬に憧れて、小栗と同じ事務所に入った。「最初は、台詞回しとか小栗さんの真似ばっかりしていました」とデビュー当時の自分を振り返る。「でも、そうしているばかりではダメだと思って、今はちょっとづつ、自分のやり方を探しています。泣くシーン一つとっても、静かに泣く人がいれば、大声でわめく人もいる。役によって違いますけど、僕に合った表現方法があるんじゃないかなって」。

1ページ(全2ページ中)

関連情報

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access