クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

堺雅人、1年かけて『真田丸』の“顔”を作る 最終話で「全然違うねと言われるように」

エンタメ

大河ドラマ『真田丸』主演の堺雅人
大河ドラマ『真田丸』主演の堺雅人(C)NHK

 「一番の魅力は三谷(幸喜)作品に50本出られるということ」と大河ドラマ『真田丸』主演の喜びを語る堺雅人。早くから注目を集めている同作が、ついに放送を開始する。戦国時代の伝説の武将として人気を誇る真田幸村、本名・真田信繁が、乱世を生き抜くために悩み苦しみながら進んでいく、これまでの幸村像とは異なる信繁と真田家の物語を描く『真田丸』の船出を堺が語る。

【関連】『真田丸』堺雅人・インタビューショット<フォトギャラリー>

 「ゲームの影響か何かで、世間では筋肉ムキムキの幸村が膾炙しているらしくて、僕が幸村を演じると発表があったとき、『堺で大丈夫か?』という声が多々あったみたいですね(笑)。でも今回描かれる信繁というのは、裸に鎧を着て、槍をブンブン振り回す人物ではなく、実務の人、事務方の人のイメージ。クレジット的には自分が主役ですが、常に二番手三番手にいて、僕の目を通してみなさんにドラマを見ていただこうと思っています」と姿勢を述べたうえで、終盤への意気込みを示す。

 「大坂の陣のときも、ムキムキの人がムキムキのことをするより、ひ弱なサラリーマンが突進していったほうがいいんじゃないかと。スーツを鎧に着替えて、無茶な戦いを仕掛けたら案外うまくいっちゃって…という。なので、今回、まったく筋トレせずに臨もうと思います(笑)」。

 続いて“真田丸”の舟人に触れた。「“真田丸”とは、信繁が大坂の陣で築いた砦ですが、真田家を一艘の船に見立てた言葉であり、本作は家族の物語になっています。偉大な父・昌幸役の草刈(正雄)さんには、とらえどころのないオーラがありますし、兄の信幸を演じる大泉さんは、これまでに見たことのない魅力が出ています。すごくまっすぐで不器用で、誠実一辺倒。実に魅力的で本当にいいんですよ」と熱弁をふるう。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連情報

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv