クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

竹野内豊、俳優人生で「立ち止まったことも…」答えなくとも情熱を注ぐ

映画

  • twitter
  • facebook
石橋冠監督の姿を見て、突き進む大切さを痛感したという竹野内豊
石橋冠監督の姿を見て、突き進む大切さを痛感したという竹野内豊 クランクイン!

関連 :

竹野内豊

石橋冠

 「声を掛けていただけて光栄でした」と俳優・竹野内豊がしみじみとつぶやいた主演映画『人生の約束』が公開を迎える。メガホンをとったのはテレビドラマ界の巨匠・石橋冠。『池中玄太80キロ』シリーズなど、数々の名作ドラマを世に送り出してきた石橋監督だが、劇場映画を手掛けるのは初。御年79歳でのチャレンジ。竹野内は石橋監督の背中からどんなことを感じ取ったのだろうか。また名優たちとの共演で何を得たのだろうか……。

【関連】「竹野内豊」フォトギャラリー

 竹野内をはじめ、江口洋介、西田敏行、柄本明、ビートたけし、室井滋、美保純……。豪華キャストの味のある演技が次々とスクリーンに映し出される。出演のオファーを受けたときには「なぜ私に声を掛けていただけたのだろう」と率直に思ったという。同時に「よほどのチャンスがなければご一緒する縁がない方なので、すごく嬉しかったです」と笑顔を見せる。

 竹野内は、事業で成功したものの、ある事件から全てを失いどん底をさまよう男・中原祐馬を演じる。そんな中、親友・塩谷航平との約束を果たそうとやって来た富山県・新湊で全く価値観の違う人々と出会い、再生していく。劇中、江口演じる航平の義兄・鉄也とは激しく対峙する。これまで数多くの作品に出演してきた2人だが、意外にも江口とは初共演だ。

 「自分がかけ出しの頃、すでに江口さんは全盛で、一緒に仕事をさせて頂けることが信じられない気持ちでした」と感想を述べるが「対立する役だったので、撮影の序盤は挨拶するぐらいで、お互い距離をとっていました」と振り返る。しかし「撮影から10日ぐらいたって、江口さんから釣りに誘っていただいたり、飲みに行ったりして、急激に距離が縮まりました。物語と同じような関係性でした」と作品にもうまく反映できたことを明かす。

 仲が深まっていくと、2人は互いに相手に対して「頑固者」というイメージを抱いたという。一方で「江口さんは熱くて一生懸命でストイックな方と聞いていた。でも実際ご一緒すると、懐が深く柔軟性がある。色々と勉強させていただきました」と先輩の立ち振る舞いに脱帽する。また江口のみならず、多くの俳優からも刺激を受けた。「西田さんと柄本さんって対極の演技。アプローチ方法が全く違う。目の前で見ていると勉強になったし、(ビート)たけしさんはたった一言の中に、色々な意味を込められる方。本当に凄いです」。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv