クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

高畑充希はリアル「とと姉」 相楽樹と杉咲花“妹たち”が明かす素顔

エンタメ

『とと姉ちゃん』で小橋家姉妹を演じる相楽樹(上)と杉咲花(下)
『とと姉ちゃん』で小橋家姉妹を演じる相楽樹(上)と杉咲花(下)(C)NHK

 現在放送中のNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で小橋家の次女・鞠子を演じる相楽樹と、3日の放送より成長した三女・美子として初登場した杉咲花が、撮影現場でのエピソードや、朝ドラ出演への思いを語った。

【関連】『とと姉ちゃん』相楽樹・杉咲花<フォトギャラリー>

 「日常の小さな幸せ」がテーマの本作。高畑充希扮する“とと姉”こと長女の常子と鞠子、美子という個性の違う三姉妹の掛け合いや絆は見どころの一つになっているが、撮影でもチームワークはばっちりなようだ。高畑や相楽より少し遅くクランクインするという事情があったため、「ちゃんと家族にみえるのかどうか、すごく不安でした」という杉咲。

 そんな中、高畑の音頭でお互いの連絡先を交換。撮影以外でも積極的にコミュニケーションをとっていったという。相楽は「頻繁に連絡を取り合って、ご飯に行ったりスタジオに遊びにきてもらったりして、少しずつ関係を築いていったんです」と語ると、杉咲も「現場でも、とと姉が積極的に話しかけてくれたりしました。撮影前からコミュニケーションをとっていたことはすごく大きかった」と笑顔をみせた。

 常子は思い立ったらすぐ行動という猪突猛進型、鞠子はまずはしっかり頭で考えて行動するタイプ、そして美子は末っ子らしく甘えん坊というキャラクター。自身と似ている部分を問うと、相楽は「私は実際は長女なので、常子っぽいのかなって思っていたのですが、常子ほどは突っ走らないんですよね。鞠子みたいに頭で考えてから行動する部分とか、本が好きだったりするのは似ています。あとは意外とクールな部分も……。(向井理演じる)鉄郎への冷たい目線とか、良く考えたら、お父さんがオヤジギャグとか言ったときに向ける目線と同じだって思ったり(笑)」と回答。杉咲は「食べるのが好きなところは似ていますね。あとはシーンのために絵を描いたりする練習をしていたのですが、やってみると意外に楽しかったので、美子が好きなことは私も好きなのかもしれませんね」と語った。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access