クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

マッツ・ミケルセン、日本ファンの“マッツ・ミレマセン”に答え「また戻ってきます」

映画

『ドクター・ストレンジ』マッツ・ミケルセンインタビュー
『ドクター・ストレンジ』マッツ・ミケルセンインタビュー クランクイン!

 色気、という言葉では収まりきらない、そこはかとない魅惑的なオーラが漂う彼こそ、“北欧の至宝”と呼ばれる名優マッツ・ミケルセンだ。長身のたくましい胸板に白い肌、優しい眼差しでニコニコと話す姿からは、映画『ドクター・ストレンジ』で濃いメイクをほどこし、闇の魔術を操った男と到底結びつかない。プロモーションのために来日してくれたマッツに、マーベル・スタジオ初参戦への思いや、母国デンマークとハリウッドの撮影の違いや作品選びについて、さらには日本のファンへのうれしい印象を単独インタビューで聞いた。

【関連】「マッツ・ミケルセン」インタビュー<フォトギャラリー>

 主演映画『悪党に粛清を』以来、1年半ぶり2度目の来日となったマッツ。人気のすさまじさは顕著で、来日の速報が流れるやいなや、SNSのホットワードには「マッツ」の言葉が入り、登壇予定の初日舞台挨拶は秒速で完売、当日は一目見ようと押し寄せるファンであふれた。見たくても見られないという思いが募り、その名をもじって、「マッツ・ミレマセン(見られません)」と悲しみをユーモアに昇華させた日本のファンの熱狂っぷりを伝えると、マッツは笑いながら、「申し訳ない。また戻ってきますとお伝えしてください!『ハンニバル』で日本のファンの方が爆発的に増えてくれて、自らを”ファンニバル”と呼んでくれているみたいですね?大好きです」と、「ミレマセン」ファンにメッセージを寄せてくれた。

 そんなマッツがマーベル・スタジオに満を持して参加となった最新作『ドクター・ストレンジ』は、事故により両手が不能になった天才外科医ストレンジが、魔術の師エンシェント・ワンに出会い、復活を遂げていく物語。お気に入りは「ファースト『スパイダーマン』!」と嬉々として話すほど、子供の時分からマーベル好きだというマッツだが、本作では主人公と対決する悪の魔術師カエシリウスに扮した。
 
 自国デンマークとハリウッドとの撮影の違いについて聞くと、マッツは「デンマークの映画の場合は監督がボス、ハリウッド映画ではスタジオがボス」と即答。「ただ、『ドクター・ストレンジ』の場合は、大きな映画だということを忘れてしまうくらい親密さがあったんだ。一緒に作ってアイデアを出せる空気感があったので、またちょっと特殊だったよ」と、アットホームな雰囲気を伝えてくれた。

1ページ(全2ページ中)

関連情報

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access