アクションだけじゃない!津田健次郎&磯部勉が明かす『リーサル・ウェポン』の魅力とは

海外ドラマ

『リーサル・ウェポン』で声優を務める津田健次郎&磯部勉
『リーサル・ウェポン』で声優を務める津田健次郎&磯部勉 クランクイン!

 命知らずの刑事と家族思いの温厚な刑事がバディを組み、凶悪犯罪に立ち向かう姿を描く海外ドラマ『リーサル・ウェポン』ファースト・シーズンのブルーレイ&DVDが4月4日にリリース。本国アメリカでは、放送後すぐに視聴者数1240万人を突破、セカンド・シーズンも早々に決定した大ヒット作だけに、日本でもさらなる人気を呼びそうだ。今回は、そんな本作の見どころに迫るべく、日本語吹替版でリッグス役を務める津田健次郎とマータフ役の磯部勉にインタビュー。本作に込めた思いや収録時の心境を語ってもらった。

【写真】『リーサル・ウェポン』津田健次郎&磯部勉インタビューショット&場面写真

 本作は、怖いものなしで“最終兵器(リーサル・ウェポン)”と呼ばれる無謀な刑事リッグスと家族思いで優しい相棒のマータフが絶妙なコンビネーションで犯罪者を追い込んでいくバディアクション・エンターテインメント。メル・ギブソンとダニー・クローバー共演で一世を風靡した大ヒット映画『リーサル・ウェポン』のドラマ版となる。

 ただ万能なだけの刑事ではなく、それぞれ悩みや問題を抱え、それでも刑事として仕事をこなす、人間性溢れたキャラクターが魅力の本作。悲しい過去の記憶から自暴自棄に陥り、死を恐れず突き進んでいくリッグスというキャラクターを津田は「抱えているものは多いけれど、それでもとにかくよく笑う。哀愁漂う姿は本当に素敵です。重いですけどね」と振り返る。

 また磯部は、マータフを「対応力のある人間」と評する。「家族、警察に対して、一生懸命、どうしたらいいかを考えて向き合っている。彼を見ていると、人間は自分を開くことで相手との距離感を縮めていくことができることを学べます。僕自身は、開くことが嫌いで、閉じている人間なので、リハビリのつもりでこの役をやっています(笑)こうすれば、自分が開けて対応力がつくんだって(笑)」。

1ページ(全2ページ中)

関連記事

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access