クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

滝藤賢一「抜きん出るためには人と違うことを」 芝居に懸ける貪欲な思い

エンタメ

滝藤賢一、『探偵が早すぎる』インタビュー
滝藤賢一、『探偵が早すぎる』インタビュー クランクイン!

 「抜きん出るためには人と違うことをやっていかないと」。そう話すのは、多彩なキャリアを歩む俳優の滝藤賢一だ。2018年は朝ドラ出演や初めてのMC挑戦など、今まで以上に活躍の機会を増しているベテラン俳優に、7月19日より放送開始となる主演ドラマ『探偵が早すぎる』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)での風変わりな役柄や、芝居に対する意識の変化、俳優業への思いについて語ってもらった。

【写真】『探偵が早すぎる』滝藤賢一、インタビューフォトギャラリー

 些細な違和感やミスを察知して事前に事件を防ぐ探偵・千曲川光(滝藤)の活躍を描く本作。千曲川を演じる魅力を問うと、滝藤は「偏屈な変わり者なのに、事件を未然に解決し、犯人を返り討ちにしてしまうところ」と答える。また「普段、相手の核心の部分をついたり、触れられたくない所を触れまくったりできないじゃないですか。千曲川は、それをやれるんです」としたうえで「楽しくてしょうがないです。ドラマだから可能にすることができる代表的なキャラ」と役柄を分析。千曲川が守るヒロイン・一華役で初共演となった広瀬アリスについては「お芝居の振り切り方が凄まじいので、気持ちがいいです。広瀬さんの芝居に刺激されまくっています」と称賛する。

 役柄や作品により千変万化の演技を見せる滝藤だが、過去には自身の方法論に捉われ悩んだ経験もあったという。そんな彼に変化を与えたのが、ドラマ『半沢直樹』(TBS)で共演した香川照之だ。「『頭上を覆っている雲からひょっこり顔がでた時、一面に視界が広がる。そうなると楽しくなる』とアドバイスを頂きました」。その助言を受けてからは「最初は、それをどう体現していいか分からなかったです。最近、何となくこういう事なのかなという感じですよ」とのこと。

 2007年まで在籍していた無名塾時代に培った演技力に、映像の世界での経験を上積みすることによって、多くのクリエイターや視聴者から支持されるようになった滝藤。しかし、昨年末に放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』の年末スペシャル『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』(日本テレビ)では、俳優としてのパブリック・イメージを裏切る渾身のギャグで世間を驚かせた。

1ページ(全2ページ中)

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access