クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

吉岡秀隆、よくしゃべる金田一耕助役で「僕も頭をかくクセがつきました」

エンタメ

NHK‐BSプレミアム『悪魔が来りて笛を吹く』で金田一耕助を演じる吉岡秀隆

NHK‐BSプレミアム『悪魔が来りて笛を吹く』で金田一耕助を演じる吉岡秀隆(C)NHK

 吉岡秀隆が名探偵・金田一耕助に初めて挑む話題作『悪魔が来りて笛を吹く』(NHK‐BSプレミアム/7月28日21時)。演出を手がけたのは『探偵はBARにいる』シリーズなどで知られ、吉岡とも2017年の『新春スペシャルドラマ 富士ファミリー』でタッグを組んだことのある吉田照幸だ。現代に蘇る“金田一耕助”、その作品・キャラクターの魅力と、現場での奮闘について2人に語ってもらった。

【写真】吉岡秀隆版『悪魔が来りて笛を吹く』場面写真フォトギャラリー

 吉田監督が横溝正史作品を手がけるのはこれで2作目。2016年に放送された長谷川博己主演の『獄門島』も、高い評価を得た作品だった。

 「僕が金田一耕助作品を手がけるにあたって、例えば映画『バットマン』から『ダークナイト』が生まれていったように、近代的といいますか、従来の市川崑さんの作品イメージから少し離れた金田一が描けないかと思いました。前作『獄門島』の題材が“狂気”なら、今作は“家族”の物語。しかも吉岡さんが金田一をやられるということで、人間の業や悲しさ、優しさ…そういう血が通った金田一を作ってみたいなと」。

 そう語る吉田監督。一方の吉岡も、金田一作品には思い入れと“縁”があり。

 「僕の映画デビューは、尊敬する渥美清さんが金田一耕助を演じていた映画『八つ墓村』なんです。だから僕にとって金田一耕助というのは、胸のどこかにトゲのように刺さっている名前だった。なので今回のオファーを頂き、ついに金田一来た! と思いました」。

 しかしながら金田一耕助といえば、日本映画、そして推理小説における屈指の有名キャラクター。その役柄をどう作り上げるかは、吉岡にとっても悩みどころだったようだ。

 「金田一耕助だからといって、髪が長くて汚くて…というのではなく、僕の一番のイメージは“野次馬の中の1人でいられる”というか、景色の一部になれるような人物。監督が最初『コスプレしたみたいになりたくない』と言ってくださった言葉が救いになりましたね」。

 この作品に全身全霊で向き合ったあまり、「(金田一の)頭をかくクセが、すっかり自分もクセになってしまって」と笑う吉岡。吉田監督は、金田一役が吉岡に決まってから脚本を書き直したのだとか。そんな“吉岡版”金田一のキャラクター像を吉田監督に伺うと。

 「優しい、ですね。情けない部分もありますけど、『人の命を救いたい』という部分がすごくある気がします。事件に関わり、自分が解明していくうちに抱く『これ以上は誰も死んでほしくない』という気持ちが一番にあるのかも」。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access