クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

松田翔太「幕末は“全員正しい”からこそ面白い」『西郷どん』慶喜役で

エンタメ

 「革命編」へと突入し、注目度がさらに高まっているNHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合/毎週日曜20時ほか)。いよいよ“幕末”へと物語が進んでいく中、今後ますます目が離せなくなる人物の一人が、松田翔太演じる一橋(徳川)慶喜だ。お忍びで品川宿に通う“ヒー様”から、“江戸幕府最後の将軍”へ…時代に翻弄されたその人物像を、いかにして演じているのだろうか。

【写真】松田翔太演じる一橋慶喜、場面写真フォトギャラリー

 「徳川慶喜役のオファーを頂いたときは、『今度は慶喜か!』と。家茂役を演じていたとき、慶喜に嫌なイメージがあったんですよね。今回演じることで、彼が亡くなった後の世界を見られてよかったな、という思いがあります。あと僕は、鈴木亮平君のデビュー作で共演していて、当時一緒に食事に行ったりもしていたんです。今回の大河では十何年ぶりの再会。それもうれしかったですね」。

 しかしながら、松田いわく今作での慶喜像は「完全な悪役」。演じる上では、悩む部分もあったという。

 「僕が調べた限りでは、慶喜ってそんなに感情的な人ではなさそうだったんですよね。でも今回の作品では“乱暴なお殿様”というイメージで。もともと、演じる上では役の“筋”を見つけるのが好きというか、大切にしているんです。でも大河ドラマは、長く演じる中で役のキャラクターが少しずつ変わってくることもある。なので“筋”にこだわると逆に混乱することもありまして。だから今回は、中園ミホさんが描いている慶喜がたとえ僕の思っているイメージと違っていたとしても、そこを逆に楽しもうかなあと思って演じていましたね。例えば脚本に『ここで笑いまくってください』と書いてあれば、とにかく笑いまくってみる。そうしたら演じてる自分がどういう思いになるだろうか、と。そこを楽しみながら現場に入っています」。

 「ヒール(悪役)を演じるのは好きだけど、ずっと怒鳴ってるのは大変」と今作の慶喜について苦笑しながら語る松田。慶喜と吉之助は磯田屋で過ごした日々から一転、敵対していく間柄となる。本作では前半の関係性が、後半の物語に切なさを増す伏線となっていくのだが、この構成について「それがなかったらもうちょっと楽だったなあと」と思っているようだ。

1ページ(全2ページ中)

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access