クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

高畑充希、主演として「戻ってこられる作品」に出会えた幸せ

エンタメ

高畑充希、『忘却のサチコ』インタビューフォト
高畑充希、『忘却のサチコ』インタビューフォト クランクイン!

 「昔、ある人に『見れる景色は全部見とけ』と言われたことがありました。だから、全部見られたらいいなと思います」。そう語るのは、女優の高畑充希だ。10月12日スタートの新ドラマ『忘却のサチコ』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)で主演を務める彼女に、食を題材にした同作の撮影秘話や、最近における心境の変化、立ち位置を問わない女優としてのスタンスなどについて話を聞いた。

【写真】『忘却のサチコ』高畑充希インタビューフォトギャラリー

 本作は、阿部潤による同名コミックのドラマ化。文芸編集者の佐々木幸子(高畑)が、結婚式当日に失踪した婚約者の俊吾(早乙女太一)を、それまで無関心だった食事に魅了されることで忘却する姿を描く。真面目な一方で不器用なサチコを演じるうえで重視したことを聞くと、高畑は「自分自身もそうなんですけど、結構ヌケていたり、一生懸命やっていることが変だったりというおかしさがあるので、なんとなくでやるとボンヤリしてしまいそうで。だから“一生懸命やること”をいつも念頭に置いていました」と答える。

 今年の正月にドラマスペシャルが放送され、晴れてレギュラー化となった本作。この秋には『過保護のカホコ』(日本テレビ)のスペシャルドラマも放送された高畑にとって、こうした「戻ってくる作品」の存在は大きい。「初めてドラマで主演を務めたのが朝ドラで、朝ドラが終わって最初の連ドラが『過保護のカホコ』でした。その後に『忘却のサチコ』なんです。主演をやらせていただくようになってから、『もう一回戻ってこられる作品にはなかなか出会えない』と思いましたし、見たいと言ってくれる方がいないと実現しない。そういう作品に立て続けに出会えたのは、すごく運がいいと思いますし、うれしいです」。

 15歳の時にミュージカルで女優デビューを果たした高畑も、今年で27歳。そのキャリアは長い。今や映画、テレビドラマに加え、多数のCM出演により、日本中の誰もが知る女優となった。女優業がこれだけ続くものだと思っていたか問うと「全然です(笑)。もともと志望している方向が、今とは少し違ったというか…どちらかと言うと、舞台や演劇だったので」と微笑む。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access