吉岡里帆&あいみょん、“相思相愛”の2人が語る互いの魅力

映 画

『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』吉岡里帆&あいみょんにインタビュー
『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』吉岡里帆&あいみょんにインタビュー クランクイン!

 鬼才・三木聡監督がオリジナル作品で挑むロックコメディ『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』。本作で、声が小さすぎるストリートミュージシャンふうかを演じた吉岡里帆と、彼女が劇中で歌う楽曲を提供したミュージシャンのあいみょんが、女優、アーティストとして感じた互いの魅力について語り合った。

【写真】吉岡里帆、あいみょん2ショット&ソロカットも

 吉岡演じるふうかは、バンドに所属していたが「声が小さすぎる」という理由でクビになったミュージシャン。ひょんなことから“声帯ドーピング”により神の声を手に入れた阿部サダヲ扮するカリスマロック歌手シンと出会い、互いに影響を与え合っていくという役柄。そして、ふうかが劇中で歌う『体の芯からまだ燃えているんだ』の作詞・作曲を手掛けたのが、あいみょんだ。

 これまでも映画やドラマの主題歌を担当したことがあるあいみょんだが「作品のストーリーに大きく影響して、しかも女優さんが劇中で歌うという作品を手掛けることは初めてでした」と興奮気味に語ると「実はすごくキーも高くて、ギターも難しい。結構大変な音域だったと思うので、里帆ちゃんじゃなかったら『歌えない』って言われていたかもしれません」と吉岡に感謝する。

吉岡里帆&あいみょん
 そんなあいみょんの言葉に吉岡は「優しい言葉をありがとう! 心に貯金しました」と屈託ない笑顔を見せると「私もあいみょんが曲を書いてくれて本当に良かったと思っています。あいみょんは、音楽を通していろんな色を出せる人。この映画でも、三木さんが作り出したふうかの気持ちを歌に乗せて表現してくださったので、ふうかも救われたし、歌っていて気持ちが乗っていけました」と役作りに大きな力となったことを明かす。

 吉岡の言葉通り、劇中でふうかが奏でる『体の芯からまだ燃えているんだ』には、ふうかが感じている魂の叫びが投影されている。この歌は、作品にはなくてはならない大きな要素の一つとなっている。そんな楽曲誕生について、あいみょんは「2回打ち合わせをしたのですが、1回目に三木監督から作品に込めた思いをお聞きして、すぐに歌詞とメロディーが思いついたんです」と驚きの事実を明かす。

吉岡里帆
 これまでも映像作品の書き下ろしの経験はあったが、台本や作品の内容よりも、監督や作り手が「どうしてこの作品を作りたかったのか」という思いがヒントになることが多いという。

 ギミックよりもエモーショナルを重視した楽曲。あいみょんが歌声を入れたデモ曲を初めて聴いた吉岡は「腹から叫んでいるようなパッションを感じました。“好き”と純粋に思いました」と第一印象を述べると、作品のテーマにピッタリだなと感嘆したという。

1ページ(全2ページ中)

関連記事

あなたにおすすめのビデオ&コミック

あわせて読みたい

あわせて読みたい

最新ニュース

新作ビデオ

  • ワンダー 君は太陽
  • 【先行1年レンタル】ミッション:インポッシブル/フォールアウト
  • 【先行3年レンタル】インクレディブル・ファミリー
  • のみとり侍
  • アメリカン・アサシン
  • ウエストワールド<セカンド・シーズン>
  • となりの怪物くん
  • モリーズ・ゲーム
  • 【先行配信】バトル・オブ・ザ・セクシーズ
  • いぬやしき
  • 女は二度決断する
  • 孤狼の血

新作コミック

ビデオ人気ランキング

コミック人気ランキング

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access