クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

乃木坂46・星野みなみ、新内眞衣、梅澤美波が明かす それぞれの“卒業”への思い

エンタメ

  • twitter
  • facebook
(左から)乃木坂46・新内眞衣、星野みなみ、梅澤美波
(左から)乃木坂46・新内眞衣、星野みなみ、梅澤美波 クランクイン! 写真:高野広美

関連 :

乃木坂46

星野みなみ

新内眞衣

梅澤美波

 変化し続ける乃木坂46。27thシングル「ごめんねFingers crossed」の活動をもって、1期生の松村沙友理、2期生の伊藤純奈、渡辺みり愛が卒業する。その表題曲メンバーである1期生・星野みなみ、2期生・新内眞衣、3期生・梅澤美波が明かすのは、それぞれの立場から見た“今”の乃木坂46へ懸ける思い。3人に、選抜メンバー発表時の不安や緊張、卒業する松村との思い出、それぞれの卒業への思いを聞いた。

【写真】卒業への思いを明かした星野みなみ、新内眞衣、梅澤美波

■選抜入りは「当たり前のことじゃない」

――8月で結成10周年を迎える乃木坂46。結成初期を知る1期生の星野さんと2期生の新内さん、加入から約4年半を数える3期生の梅澤さんは、ライブをはじめ活動に対する経験も豊富。過去に何度も、選抜メンバーに抜てきされています。それでもなお、選抜メンバー発表には不安や緊張を抱えているのでしょうか?

新内:やっぱり、あります。私は元々、アンダーメンバーの期間が長くあったし、選ばれるのが当たり前だと思ったことは一度もないです。むしろ、いつも崖っぷちの気持ち。不安はあるけど名前を呼ばれたときは、ファンの皆さんの顔が浮かびます。皆さんに支えられているから頑張ろうと思えるし、毎回、新鮮な気持ちです。

――崖っぷちとは、意外な言葉でした。星野さんは、選抜メンバーが発表される現場の空気感をどう感じていますか?

星野みなみ
星野:眞衣ちゃんと同じで、当たり前とは思っていません。ただ、初期の頃のように結果に一喜一憂するのではなく、選ばれたメンバーに対して、みんなが「おめでとう」と祝福する空気になったと思います。以前は、『乃木坂工事中』(テレビ東京系/毎週日曜24時)で司会のバナナマンさんが紹介してくれていたけど、その機会もなくなったから、発表の場ではメンバー同士で「良かったね」と声を掛け合ったり。そんなグループの雰囲気がすてきだと思います。

――10年近い歴史を経て、グループの空気が変化したと。梅澤さんは、選抜メンバー発表の前後で、どのような気持ちになりますか?

梅澤:私は、いつも怖いです。その場の空気感も苦手ですし、スタッフさんから発表の日を告げられてからずっと緊張しています。スタッフの方々は私たちに対する期待も込めて、フォーメーションを作ってくださっていると思いますが、前作のシングルでの結果が出てしまう不安もあります。発表の瞬間は、例えば、1列後ろに下がってしまったら「力になれなかったんだ」と思いますし。時間が経てば気持ちも少しずつ楽になっていきますけど、やっぱり選抜メンバーに入れるのは当たり前だと思っていません。

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv