クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

TEAM NACS、“作られたチームではない”から続いた25年 唯一無二の5人だからできること

エンタメ

  • twitter
  • facebook
TEAM NACS(前列左より)戸次重幸、音尾琢真、(後列左より)安田顕、大泉洋、森崎博之
TEAM NACS(前列左より)戸次重幸、音尾琢真、(後列左より)安田顕、大泉洋、森崎博之 クランクイン! 写真:高野広美

関連 :

TEAM NACS

森崎博之

安田顕

戸次重幸

大泉洋

音尾琢真

 森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真による演劇ユニット・TEAM NACSが、結成25周年を迎えた。開局30周年となるWOWOWとタッグを組んだプロジェクト『がんばれ!TEAM NACS』では、国民的グループを目指して楽曲制作をしたり、新メンバーオーディションをしたりとさまざまな企画に臨み、5人ならではといった爆笑のやり取りや“ぼやき節”もさく裂。TEAM NACSの魅力があふれ出す番組を作り上げた。それぞれが全国区の人気者となった今、“5人でいることの良さ”をどのように感じているのか。新メンバーを入れるとしたらどのような人材を求めるかなど、率直な思いを語り合ってもらった。

【写真】25年経っても、変わらない仲の良さ!

■全編アドリブ! TEAM NACS史上、初のチャレンジ

ーー気になる企画が盛りだくさんの番組となりました。最初にオファーを受け取ったときの感想から教えてください。

音尾:最初は、どういうことをやるのかまったく分かりませんでした。いろいろなアイデアを出した中で、それが採用されたり、されなかったりと、雲をつかむような感じで進んでいきました。撮影中も、“果たしてこれは、使える映像が撮れているのだろうか”という不安ばかりがよぎり…。ただいつもはセリフがある中でお芝居をしていますので、セリフを覚えてなくていいのは楽でいいなと思いました(笑)。

音尾琢真
大泉:“方向性と設定はあるけれど、セリフはない”という話を聞いていたので、撮影が始まるまではちょっと心配でした。セリフ自体がすべてアドリブというのは、さすがにこれまでのTEAM NACSでもやったことがない。やってみると“案外できるものなんだな、楽しいな”と思いました。また音尾くんが言ったように、セリフを覚えなくていいというのは、楽でいいですよね。今回、僕たちがしゃべったことを台本にしたら、すごいセリフ量になりますよ! これからどんな難しい役でも、“好きにやっていいよ”とアドリブでできないものかなと思いました(笑)。

戸次:最初、“山田孝之くんがやっていた『東京都北区赤羽』(テレビ東京系)みたいなテイストのものになる”と聞いていて。それならば“セリフに起こさないでください”とお願いをしました。“こういうことをやりたい”というアイデアも取り入れてくださって、新メンバーオーディションをやる場面があるんですが、それは僕がやりたかったことなんです(笑)。セリフも覚えなくていいし、撮影も1回きり。だからこそものすごく集中したし、いつもの芝居とはまったく違うものを要求されたことも、とても新鮮でした。企画段階から撮影まで、すべてが楽しかったです。

戸次重幸
安田:竹村武司さんが構成に入られて、ディレクターが堀切園健太郎さん。カメラマンの皆さんもそうそうたる方たちですから、そういう方たちのもとで、フェイクドキュメンタリー的なものを撮るとなると、どのような形のものになるのか、僕も想像がつきませんでした。編集や、シーンの切り取り方も面白く、風変わりで、興味深い作品になったんじゃないかと思っています。

森崎:ずっと“ハテナ”でしたね。マネージャーからお話を聞いたときも、“なんだ、それは?”と。放送されたものを観ても“なんだこれは!”と思いましたし、本当にこれを9話まで放送するのかと。今だって“ハテナ”ですよ! 誰が観るんですか、これは!と思っています(笑)。

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv