クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

釈由美子、闇や孤独感に苦しめられた20代 母になり「自分のことはどうでもいい」と変化

映画

  • twitter
  • facebook
釈由美子
釈由美子 クランクイン! 写真:高野広美

 映画『修羅雪姫』でのスクリーンデビューから、20年。釈由美子が、カナダ発のパンデミック・ホラー『ロックダウン・ホテル/死・霊・感・染』で世界進出を果たした。釈にとっては、2016年に第1子男児を出産してから、初の映画出演。自己肯定感が低く、とりわけ20代は「“闇”由美子だった」という彼女だが、「この子が元気に育つならば、自分のことはどうでもいい。自分のことで言うと、“無”ですね。見てくれもどうだっていい」と母になって、心境に大きな変化があったという。「今のモットーは、ハクナマタタ(=心配ないさ)!」と楽しそうに笑う釈が、海外での撮影を振り返るとともに、人生の転機を語った。

【写真】釈由美子、キュートな笑顔は健在!

■好奇心を力に海外進出! マネージャーも不在、単身で乗り込んだ

 あるホテルの一室で謎の殺人ウイルスによる感染爆発が起こり、やがてホテルの廊下がのたうつ感染者たちで埋め尽くされていくさまを描くホラー映画。コロナ禍の世界を予言したかのような展開に戦慄(せんりつ)する本作で、釈は、日本からやってきた臨月の妊婦で、運悪くそのホテルに宿泊してしまうナオミ役を演じている。

 今回のオファーは、「(フランチェスコ・ジャンニーニ)監督が、“影のある女性”というイメージで日本の女優を探していたところ、『修羅雪姫』や『ゴジラ×メカゴジラ』での私の演技を見ていただき、目に留めてくださった」と、これまでの積み重ねがあって実現したもの。「プレッシャーはたくさんあった」そうだが、「海外のものづくりの現場を見てみたいという好奇心もあり、断る理由はありませんでした」と思い切って飛び込んだ。

映画『ロックダウン・ホテル』より (C)2020 THE HORRORS OF HALL PRODUCTIONS INC
 カナダでの撮影に向けて「半年間くらい、英語のレッスンに励んだ」と話す。「『英語でしゃべらナイト』(NHK総合)の出演からかなり時間が空いてしまったので、またゼロからのレッスン。子どもが寝静まった時間に、オンラインで英会話の先生に教えていただいたり、メイク中も英語のかけ流しをしたり」と睡眠時間を削りながら励んだものの、「モントリオールで撮影をしたのですが、モントリオールって公用語がフランス語なんですよ! もちろん、みなさん英語も話せる方ばかりなので助かりました!」と苦笑い。

 マネージャーも同行せず、単身で乗り込んだそうで「アテンドしてくれる人もいないし、次の日のスケジュール確認も、すべて自分でやることになります。新人に戻って、武者修行に行ったような感覚。これまで経験できなかったことにたくさんトライできて、本当に行ってよかったなと思っています」と充実の表情を見せる。

■苦しかった20代「闇や孤独感に苦しめられていた」――『修羅雪姫』が転機に

 今回、新たなステージへとチャレンジした釈だが、女優としての転機は、スクリーンデビュー作の『修羅雪姫』だと明かす。


 「グラビアアイドルからデビューをして、バラエティーでは“釈ちゃん”と、不思議キャラのような感じで親しんでいただいて」と述懐。しかし「実は自分の中には、闇や孤独感があって、20代は結構それに苦しめられていました。“なんで私はこんなに救われないんだろう”、“誰か助けて”」ともがいていたといい、「バラエティー番組などでは、求めていただけるものに応えられるよう、“明るい釈ちゃん”としてニコニコしていなければいけないと思っていました。背中にチャックがあるような感じで、“チャック”由美子だった(笑)」と茶目っ気とともに告白する。

 その闇の部分でさえ「自分の武器になる。これも個性なんだ」と思えたのが、『修羅雪姫』だったと続ける。「『修羅雪姫』では、それまでのバラエティーのイメージから振り幅のあるアクションにも挑戦させていただき、どこか影のある役をやらせていただいて。私の中の闇を発散させていただきました(笑)。自分の抱えている闇の部分も、さらけ出していいんだと思えた」と開眼。「そういう役をたくさんいただけたらうれしいな、と思うようになった」と女優業に希望を抱くようになったという。


 一体、釈が抱えていた闇や影の正体とはなんだったのだろうか。すると釈は「私は四姉妹の次女で、父親が一番ちょっかいを出しやすいポジションだったのか、“お前はバカだ”とおちょくられることも多かったんです。今なら父なりの愛情だったんだと分かりますが、そういったこともあって、どんどん自信や自己肯定感を持てなくなっていったのかもしれません」と思いを巡らせていた。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv