クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

のん、宮藤官九郎は“小学生のような天才” 記憶に残る『あまちゃん』打ち上げでの言葉

エンタメ

  • twitter
  • facebook
のん
のん クランクイン! 写真:高野広美

 女優、歌手、創作あーちすと、さらには映画監督とさまざまな分野で輝きを放つ、のん。この夏、『あまちゃん』(NHK総合)以来、8年ぶりとなる宮藤官九郎とタッグを結成し、人気シリーズ“大パルコ人”の新作に挑む。「ぶっ飛んだ設定にびっくりした」という本作への思いや、のんにとっての“宮藤官九郎という存在”について話を聞いた。

【写真】28歳を迎え、大人の女性の表情も見せるのん

◆8年ぶりにコンビ結成 宮藤官九郎からのオファーに「思ったより早かった」

 マジロックオペラ『愛が世界を救います(ただし屁が出ます)』は、大人計画とパルコが共同プロデュースする、 宮藤官九郎作・演出のオリジナルロックオペラシリーズ“大パルコ人”の第4弾。11年前の戦争(2009年上演の第1弾作品『R2C2~サイボーグなのでバンド辞めます!~』で描かれた世界)で一度崩壊した2055年の渋谷を舞台に、特殊な能力と共通の悩みを持つ浮浪児たちが個性あふれるキャラクターとの出会いの中で成長し、やがて“世界を救う”という壮大なテーマを背負い、能力と羞恥心のはざまで葛藤する姿が描かれる。


 のんが演じるのは、超能力を持つ少女・NON。Wi‐Fiが飛んでいる場所に限り、言葉を発さずテレパシーで、相手に意志を伝えることができるが、その声はなぜかダミ声のおっさんという役どころだ。「設定がすごいですよね。『愛が世界を救います』っていうストレートなタイトルに、屁がついてくるんだ…って衝撃を受けました。超能力を使うときに変な声になるというのも、ただの超能力ものじゃなく、絶対に笑えるところをつけてくるところが、宮藤さん節なのかな」と語る。顔合わせでは宮藤から「大丈夫ですか?」と声を掛けられたそうで、「なんの“大丈夫”なのかな?って思ったら、その後にタイトルを聞いて、あぁ、こういう心配だったんだなって。最初はビックリしましたが、面白そうだなってワクワクしました」。


 8年ぶりの宮藤とのコンビ。オファーを聞いた時は「やったー!」と思ったという。宮藤は取材で「重い感じでオファーしたら、割と軽い感じで引き受けてくれた」と明かしていたが…。「そうなのかな?(笑) 『あまちゃん』の打ち上げで、宮藤さんから『次はのんさんが50歳になったときに、泉ピン子さんと橋田壽賀子さんみたいな感じでできたらいいなと思います』って言われた記憶がずっとあって。今回お話しを頂いた時は、“あ、思ったより早かった”って思いました」と笑う。

◆宮藤官九郎は“小学生のような天才”

 今回、演出家&共演者の宮藤官九郎は初体験。「前回ご一緒した時は、宮藤さんはずっと本を書いていて、遠い存在だったので、本読みでは宮藤さんがセリフしゃべってる!って不思議な感覚でした(笑)」。のんにとって、宮藤官九郎という存在はどんな存在なのだろう?「自分がたくさんの人に見ていただけるきっかけとなった作品で、ものすごい脚本を書いていただいていたので、すごく大きな存在っていうのはあります。あとは、みんなのイメージにもあると思うんですけど、“天才”っていう…。尊敬の念を込めて“小学生のような天才”。小学生の頃ってみんな発想が柔軟で、天才だと思うんですけど、そのまんま天才を積み重ねてオトナになったみたいな方。そこがめちゃくちゃすてきで憧れます」。

大パルコ人(4)マジロックオペラ『愛が世界を救います(ただし屁が出ます)』メインビジュアル
 共演者にも個性あふれるメンバーが顔をそろえる。「村上虹郎さんは、鋭い存在感ですね。才能の塊みたいなオーラを発していらしていいなーと思います。藤井隆さんは『ナンダカンダ』が大好きで! 稽古場でも毎日面白すぎて笑いをこらえてます。三宅弘城さんも最高に面白くて、楽しいです」。ほかにも『あまちゃん』以来の顔合わせとなる共演者も。「伊勢志摩さんは、私の初舞台に見に来てくれて少年役仲間なんです! 荒川良々さんは、独特なセリフ回しと間で、唯一な存在。あと、宮藤さんもそうですが、お会いするたびに思ったより身長が大きいなって思います(笑)」。


 宮藤作品の魅力を「すごく笑えるばかばかしい設定や、掛け合いの流れで、突然心臓に突き刺さってくるすてきなセリフが散りばめられている。笑いながら心がほぐれているところに突き刺さってくるので、素直な心で宮藤さんの描かれているメッセージを受け止められるというか…。明るいところがすてきだなって思います」と語るのん。「NONのキャラクターがすでに面白くて、どれだけ体現できるかってところだと思うんですけど、すごく生きるエネルギーに満ちている役だと思うんで、自由な生命力が舞台で見えるように頑張りたいです。私が頑張ればどんどん面白くなる役だと思うので、頑張ってついていかなきゃ」と決意を新たにしていた。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る