クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

くるみ割り人形 関連記事

  • クールなイメージの板野友美、意外な素顔を明かす

    板野友美「正直でいたい」 “クールなイメージ”をマイナスと捉えない真意とは?

    映画

     AKB48卒業から1年、アーティスト活動を中心に行ってきた板野友美が、映画『くるみ割り人形』で声優に挑んだ。板野が演じたのは、ねずみのマウゼリンクス夫人に呪いをかけられてしまうマリー姫。原作者E.T.A.ホフマンの描くキャラの特徴の1つである“美と醜悪”の象徴的な存在であるマリー姫を語る彼女から、パブリックイメージと違う姿が垣間見られた。@@cutter 劇場版アニメのアフレコは初めてだったが、好奇心旺盛な板野らしく緊張よりは楽しさが勝ったという。「(アフレコが)どんな感じなのかなという思いはあったのですが、やったら楽しかった。イメージを話し合って、普段の私とは全く違う声になっていると思いますので、ぜひ聞いてほしいです」。  アフレコは板野にとって充実した時間だったようだが、演じたマリー姫はちょっと意地悪で奔放だ。「私は怖そうという印象を持たれていると思うので、そういうイメージ(のキャスティング)なのかもしれないですね(笑)」と柔和な表情で語るが「でもマリー姫って可愛いけれど心が醜いなって思う。私はやっぱり(主役の)クララ派ですね」とキッパリ。  「クールでちょっと怖い」という自身のパブリックイメージは自覚しているというが「実際に会うと『明るいんだね』って言われることが多いです」と打ち明ける。さらに「これまで(AKB48の)メンバーと一緒の出演が多かったので、私が率先してしゃべることがなかったし、テレビって初対面と同じ感覚なので、かしこまっちゃうんです」と、画面を通してクールに見えがちな理由を説明する。  しかし、そんなイメージも決してマイナスだとは捉えていない。「色々な私が見せられたらいいなって思うんです。クールな印象も私だし、笑顔で明るいのも私。『この子はどんな女の子なんだろう』って興味を持って、探ってもらえるような人になりたいです」。@@separator そんな板野だったが、マリー姫について語っている時、本質を表すような発言があった。「心は汚れているとは思いますが、マリー姫は物事をはっきり言います。私も人との付き合い方においては、正直でいたいなとは思います」。言葉の真意を問うと「計算して『こう思われたいからこう発言する』というのは嫌です。もちろん言い方はありますが、お互い意見を言い合える関係性の方がいい。それで喧嘩になってもわかり合えると思うし、そういう友達関係の築き方をします」とクールなイメージとは逆の“熱い”一面を見せてくれた。  AKB48卒業後は、音楽活動を中心に行っていたが「これからはいろいろなことに挑戦したい」と目を輝かせる。「映画を観るのが好きですし、演じることにも挑戦したい。アーティストは自分をどんどん出していくことが必要ですが、役者のように誰かになって表現することも面白いと思います。その経験が、また音楽活動にも活きていくと思うんです」。  演じてみたい役柄について聞くと「自分の人生で経験したことのある等身大の役をやってみたい」と即答。「これまでヤンキー役とか強めの役が多かったので、私のイメージじゃない役。小さいころは少女マンガが好きだったので、爽やかな役をやってみたい」と照れながらも胸の内を明かした。  本作の公開2週前には“親友”前田敦子が“招き猫”の役で初アフレコを務めた映画『神さまの言うとおり』が公開される。「今でも週に3~4回ぐらい会っていますが、あんまりお互いの仕事の話はしないんですよ」と語った板野だったが、初アフレコを務めた作品が同時期に公開されることに「話してみます!」と興味津々の様子だった。(取材・文・写真:才谷りょう)  映画『くるみ割り人形』は11月29日より全国公開。

  • 高橋大輔、イケメンボイス披露にファン熱狂 「次の仕事に繋がれば」

    高橋大輔「次の仕事に繋がれば」イケメンボイス披露でファン魅了

    映画

     映画『くるみ割り人形』女性限定試写会が25日に行われ、タレントの藤井隆、アートディレクターの増田セバスチャン、フィギュアスケーターの高橋大輔が登壇。高橋は現役引退後、初登場のイベントとなった。@@cutter 司会者が「『くるみ割り人形』はフィギュアスケートの世界でもよく使われていると思いますが…」と高橋に話を振ると、「女性のスケーターはよく使っているが、僕自身はこの曲で滑ったことはない。ですが、本作を見せてもらって、男でも使える曲だと思った」と自信を持って断言。さらに「可能であれば、僕も使ってみたい」と明かす。  またイベントでは、本作でシュヌルル王子を演じる藤井と高橋が、アフレコ対決を敢行。残念ながら、会場をあまり盛り上げられなかった藤井は「僕はプロモーションについては何も言いませんから…」と苦笑い。対して、高橋は低音を響かせた声で会場の女性たちを魅了し、「次の仕事に繋げられることができれば」と照れくさそうに笑った。  イベント終了後の囲み取材では、藤井が「本作は男女問わず、特に大人たちに楽しんでもらいたい。僕は前作(1979年公開の人形アニメ)を7歳のときに観た。うちの娘も今7歳なので、一緒に観たい」と心境を明かし、本作で監督を務めた増田は「遊園地でアトラクションに乗っているような感じで楽しんでもらえれば」と独特な表現でアピールしていた。  ハローキティ生誕40周年を記念した本作では、デジタル化したオリジナルのネガフィルムに新しく編集を施し、新撮カットも加えた。大切なくるみ割り人形をネズミの大群に奪われてしまう少女クララは、人形の国に迷い込んだ末、くるみ割り人形に隠された悲しい秘密を知ることになる…。感動の極彩色ミュージカル・ファンタジーに仕上がっている。  映画『くるみ割り人形』は11月29日より3D/2Dで全国ロードショー。

  • 板野友美、映画『くるみ割り人形』ワールド・プレミア・イベントにて

    <TIFF2014>板野友美「人生そのものが冒険」 東京国際映画祭に出席

    映画

     29日、第27回東京国際映画祭の一環として、東京・六本木ヒルズアリーナで行われた映画『くるみ割り人形』(11月29日公開)のワールド・プレミア・イベントに、ボイスキャストの有村架純、松坂桃李、藤井隆、安蘭けい、板野友美、市村正親、増田セバスチャン監督が出席。松坂はメイド喫茶に行ったエピソードを披露し会場を驚かせた。@@cutter イベントでは、本作で主人公のクララがファンタジーの世界を冒険することにちなんで、これまでにした“冒険談”を登壇者が聞かれる場面も。有村は「ノルウェーに行ってオーロラを初めて見たとき」、板野は「今現在も冒険中、人生そのものが冒険」とそれぞれ答えている中、松坂は「高校時代、男友達と二人でメイド喫茶に行った」という経験を披露。  「『ちょっと背伸びしたいお年頃』というコーヒー味のメニューを頼みました。そしたら、“妹カフェのツンデレバージョン”というキャンペーン中だったようで、コーヒー豆が詰まったカップがドンって置かれました」とその時の様子を事細かに話して、会場を沸かせた。  本作は、“Kawaiiカルチャー”の火付け役の増田セバスチャンが初監督した、ミュージカルファンタジー。チャイコフスキー作曲による世界三大バレエのひとつ『くるみ割り人形』を、最先端のデジタル映像技術を使って誰も観たことのない“実写人形の世界”として仕上げた。  増田セバスチャンがどのような映像世界を作り上げたのかも興味深い本作だが、その豪華な声優陣でも話題を呼んでいる。この日登壇した有村は映画『思い出のマーニー』の次作として本作で主役のクララに挑戦した。有村は、「この作品は人形劇なので、アニメーションとは違った作品になっていると思います。色鮮やかな色彩、細かい演出がたくさん詰まっているので、そこも楽しんでもらえたら」と作品をアピールした。  また、会場には、ハローキティ40周年を記念した巨大な“くるみ割りキティ”のバルーンも登場し、イベントを盛り上げていた。

  • 東京国際映画祭を彩る女優陣をファッションチェック!

    <TIFF2014>女優陣のドレスチェック! ミューズ中谷美紀からくるみ割りキティまで

    映画

     「第27回東京国際映画祭」が開幕し、オープニングレッドカーペットに中谷美紀、深津絵里、橋本愛、鈴木京香、宮沢りえ、菅野美穂をはじめとする女優陣が多数登場。映画祭のオープニングを華やかに彩った。 @@cutter 最初に現れたのは、フェスティバル・ミューズを務める中谷。髪をアップにまとめ、黒のロングドレス姿で登場。その気品溢れる美しさでファンの目を釘付けにした。中谷は「レッドカーペットを歩いて、映画ファンの方がたくさんいらして、実感できたことが何よりうれしかった」と笑顔を見せる。  『花宵道中』の安達祐実は、劇中の花魁姿で登場し海外メディアの注目の的に。『救いたい』の鈴木は美しい和服姿で登場。柔らかな微笑をうかべ悠々とカーペットを歩く。『紙の月』の宮沢はシースルーのセクシーなドレスで登場。大胆に見せた美しい胸元に報道陣の目が集中した。  『寄生獣』の深津はワンショルダーでスタイリッシュな黒のパンツルック。橋本は黒い模様が入ったひざ上のグレーのワンピース姿で大人っぽい雰囲気を漂わせる。また、オープニング作品『ベイマックス』で日本語版声優を務めている菅野は、きらきら光るストーンをあしらったデザインのキャミソール風のドレスで現れ、白くて大きなケアロボットのベイマックスと楽しそうなツーショットを披露。  女優ではないが、人気キャラクターのキティちゃんも『くるみ割り人形』で特別バージョンのスタイルで参加。ピンクの可愛らしいワンピース姿で人気をさらっていた。  第27回東京国際映画祭は10月23日~31日の9日間、六本木ヒルズ・TOHOシネマズ日本橋ほかで開催。

  • 『くるみ割り人形』完成披露試写会の模様

    サンリオ社長「キティは猫じゃない?」問題に言及「キティはキティ」

    映画

     11月公開の映画『くるみ割り人形』の完成披露試写会が4日、都内にて行われ監督の増田セバスチャンと本作の生みの親であるサンリオの辻信太郎社長、本作の3D監督を担った三田邦彦らが舞台挨拶を行った。@@cutter チャイコフスキー作曲による世界三大バレエのひとつ「くるみ割り人形」を1979年に実写人形映画として作り上げたものを、極彩色で再構築した本作。ボイスキャストには有村架純、松坂桃李、市村正親、広末涼子といった豪華な面々が揃う。  この日ステージにはキティも登場。増田監督は「世界が誇るキティちゃんの横に並べるなんて思ってもみませんでした!」と感激。「僕はサンリオの劇場があった松戸の出身で、小学二年生のころに旧作を観ていて、そのストーリーはとても強烈でずっと心にひっかかり大人になりました」と本作との出会いを明かす。  また、「35年の時を経て、本作をリクリエイトすることは大変なプレッシャーでしたが、辻社長の『日本の文化や映画を世界に広げる』という意志を引継いで、日本オリジナルのポップカルチャーを世界に発信出来たらと思っています」と意気込みを語った。  辻社長は「増田監督の演出と三田監督の3D映像で、『くるみ割り人形』が再現されたことは本当に嬉しいです」と喜びを語るとともに、「1979年に、1コマずつ手で動かして作ったのが『くるみ割り人形』。そしてその5年前、やなせたかしさんが私のところに『ちいさなジャンボ』というメルヘン作品を書いて持ってきて『これで映画つくろうよ』となり、作ったアニメがサンリオ映画の始まりでした」と経緯を明かす。  先日、「キティは猫じゃない」という説が日本国外で話題になったことについて辻社長は「キティちゃんは猫じゃないんですよ。『キティが猫』ということは、『ミッキーはネズミなのか』という話になってしまいます。そういうことではなく、キティはキティ、ミッキーはミッキー。キティもミッキーもみんなのアイドルなのだから」と断言した。  映画『くるみ割り人形』は2D・3D共に11月29日より全国ロードショー。

  • 映画『くるみ割り人形』松坂桃李&有村架純がアフレコで共演!

    有村架純&松坂桃李がアフレコ共演!極彩色で描く映画『くるみ割り人形』公開決定

    映画

     サンリオが手がける実写人形映画『くるみ割り人形』が、声優に有村架純と松坂桃李を迎え、11月29日に全国公開されることが分かった。@@cutter ハローキティ生誕40周年を記念し、サンリオは、チャイコフスキー作曲による世界三大バレエのひとつ「くるみ割り人形」を、多彩なクリエイターと共に劇場アニメとして再構築。監督を務めるのは、原宿の“Kawaii”カルチャーの火付け役であり、個展を海外で開催するなど活動の幅を世界に広げているアートディレクター・増田セバスチャンだ。  本作で増田は“リ・クリエイト”という古いネガフィルムを使い新しい撮影カットを投影するという未だかつてない技法を使い、極彩色の世界を築き上げている。主題歌は増田が、デビュー当時からアートディレクションを担当しているアーティスト・きゃりーぱみゅぱみゅが歌い、さらに華やかに色を添えている。  先日公開されたジブリ映画『思い出のマーニ―』で、声優初挑戦を果たし有村が今回演じるのは、本作のヒロイン・クララ。「一人の少女が“愛”という大きなものをはじめて見つけた時、どういう女性に成長していくのか。大人の階段を一歩一歩駆け上がっていく姿に心打たれます」とコメントしており、愛のためにたくましく成長していく少女をどのように演じるか楽しみだ。  一方、松坂が挑むのは人形の国の若き将校。一人二役の難しい役どころだ。松坂は「非常に温かみのある愛に満ち溢れた作品です。描き出される世界がとても綺麗で、思わず見とれてしまいました」と作品の完成度の高さを称えた。  ある雪の夜、少女・クララは、大切なくるみ割り人形をネズミの大群に奪われてしまう。ネズミを追って彼女が迷い込んだのは、世にも鮮やかな人形の国。そこにはふたつ頭の白ネズミの女王に呪いをかけられ、眠ったままのお姫様がいた。邪悪な魔法を解くための人形と、ネズミの戦いに巻き込まれたクララは、くるみ割り人形に隠された悲しい秘密を知る…。  映画『くるみ割り人形』は2D・3D共に11月29日より全国ロードショー。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access