クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

向日葵の丘 1983年・夏 関連記事

  • 百川晴香と藤井武美、『向日葵の丘 1983年・夏』撮影秘話を明かす

    藤井武美&百川晴香、撮影最終日に号泣 注目の女優2人が映画で共演

    映画

     1983年と現在をカットバックしながら物語が展開する映画『向日葵の丘 1983年・夏』は、友情や親子の絆を描いた、心がほっこりする物語。高校生時代のみどり役を藤井武美が、エリカ役を演じたのはアイドルガールズユニット「Ru:Run」の百川晴香。取材中、息の合った掛け合いを見せたふたりが、撮影現場での仲良しエピソードを教えてくれた。@@cutter 大林宣彦監督を師事する太田隆文監督がメガホンを取った本作は、1983年の高校生時代と大人になった現代をカットバックしながら物語が進んでいく。主人公の多香子役には、常盤貴子、多香子の高校時代の友人・みどり役を田中美里、エリカ役を藤田朋子が演じる。  高校生だった3人の役は、オーディションで決定。みどり役を射止めたのは、藤井武美。「みどりは感情に素直な女の子です。いつもの私でと監督がおっしゃってくれたので、役作りしたという感覚ではないかな。事前に準備したことと言えば、オードリー・ヘプバーンが好きな役なので、携帯の待ち受け画面をオードリーにしたり、監督からいただいた80年代の曲を集めたCDを聞いたり、名画を観ろ!という監督からの宿題があったのでそれを観たりしたぐらい。現場に入ると自然にみどりになれた気がしています」。  エリカ役として選ばれたのは、百川晴香。「エリカは自分のことを“僕”と言うキャラ。映画部の部室に一人籠ってヒッチコックを見るような女の子だけど、意外と自分の中にある要素なんだって気づいたんです! この役を演じてみて、自分の中で新たな発見がありました」。  ふたりとも「現場がとにかく楽しかった!」と声を揃える。百川が「8mmカメラの操作を覚えたり、ボランティアのみなさんが作ってくださった炊き出しが美味しかった」と回想すれば、藤井が「あと撮影中、さきいかとかスルメにハマったよね。多香子(芳根京子)と3人でいつも食べていたんです。いかがなくなると監督が買ってきてくださって、それを励みに頑張るみたいな(笑)。いかだったり、差し入れだったりを食べ過ぎて3人とも顔がパンパン」と茶目っ気たっぷりに教えてくれた。@@separator 多香子役の芳根京子とも息が合ったという。「3人同じ空気感で過ごせたよね。気を遣っているわけでもなく、無理なくいつもの自分で撮影中過ごせました」と藤井が振り返ると、「3週間ぐらい静岡で撮影したのですが、朝昼晩、お風呂に行くのもいつも一緒! 長い修学旅行みたいでした。最終日は3人とも号泣でした」と百川も語る。  3人の仲の良さが現れているのが、『雨に唄えば』のパロディシーン。「私たち歌が下手すぎて、レコーディングが大変でした。楽譜をいただいたし、鼻歌だったので、いける!って思ったら全然いけなかった(笑)。多香子がメインで歌っていて、私たちはコーラスでした」と百川が暴露すれば、「エリカ、本業はアイドルだよね!?」と藤井から愛ある突っ込みが。撮影中は終始こんな調子だったそう。  現在、百川は、テレビシリーズ『ウルトラマンX』でルイ役としても出演中。「初めて明るいキャラクターの役をいただいたんです! アイドルをやっているからこそいただけたと思うのでとても嬉しいです。今後も女優のお仕事を続けたいと思っています」。  藤井は、映画『猟奇的な彼女』(01)などで知られる韓国のクァク・ジェヨン監督の日韓合作映画『風の色(仮題)』のオーディションでヒロインに抜擢された。「スタッフもほぼ韓国の方でした。空気感も違うし、監督のやり方も日本のとは違うけど、とにかく楽しかったです。監督はおやじギャクが大好きな気さくな方。現場ではふたりでふざけていました(笑)」。  今後、様々な場面で活躍が期待できそうなふたり。まずは、瑞々しい感性が光る演技を現在公開中の『向日葵の丘 1983年・夏』で注目したい。(取材・文・写真:小竹亜紀) (スタッフクレジット) ヘアメイク&スタイリング:山崎惠子 (衣装クレジット) 衣装協力:AS KNOW AS PINKY、yasue sato、keika、cla’lat

  • ドラマに映画、話題作続々!今年最も勢いのある若手女優・芳根京子に迫る 

    『表参道高校合唱部!』芳根京子、 “オーディション荒らし”の異名を持つ女優の素顔

    映画

     現在放映中の金曜ドラマ『表参道高校合唱部!』(TBS)のヒロイン役をオーディションで勝ち取った、注目の若手女優・芳根京子。8月22日(土)より公開された映画『向日葵の丘 1983年・夏』では、常盤貴子演じる主人公の高校生役もオーディションで掴み取った。“オーディション荒らし”なんていう異名を持つ芳根は、業界関係者からの評価も高い。インタビューからその理由が見えてきた。@@cutter 常盤貴子が演じる主人公・多香子の高校生時代役をオーディションで手に入れた芳根。「3次オーディションまであったのですが、途中から多香子役しか演じなくなったんです。私の存在を忘れられているのかと思って、監督に思い切って『ほかの役もやらせていただけませんか?』とお願いしたぐらい(笑)。正直受かると思っていなかったので、役をいただいたときは、おお!って感じでした。オーディションの時に学生時代の思い出を聞かれて、高校1年の頃に文化祭で映画を作ったことを話したんです。そしたら太田(隆文)監督が『この映画はそんな話だよ』とおっしゃったのでびっくりして。このエピソードがよかったのかもしれないですね」。  一本気で何事にも一生懸命な多香子は、芳根のイメージと重なる。「自分でも似ていると思います(笑)。この現場は、自由にのびのび演じられて本当に楽しかった。感覚で演じたことを、監督がよかったとおっしゃってくれたのが嬉しかったです。撮影中、たまに頭が真っ白になって、自分なのか多香子なのかわからなくなったりして。役に入り込むってこういうことなのかなと。この作品のおかげで、お芝居の幅が広がったような気がしています」。  太田監督の演出のおかげで自由に演じられた反面、心配事も絶えなかったという。「演じた後にすごく不安になってしまうんです。常に全力でやっているのですが、少しアプローチを変えるともっと演技がよくなる、120%の演技になるのなら私はそれをやりたいから。とにかく中途半端が苦手。一度始めたことを途中で辞めることも、適当にやることも自分が許せないんです。頑固で負けず嫌いな面倒くさいタイプ」なのだといたずらっぽく笑う。@@separator そんな気質も演者向きだが、高校1年生でスカウトされてデビューするまで演じることに全く興味がなかったそう。「吹奏楽部の部活動が忙しくて、映画もドラマも全然観ていなくて。私のおじさんがコントラバスの奏者で、おばさんはピアニスト、母はピアノ、兄はドラムとかベースをやっているような音楽が身近にある家族なんです。私もピアノを当たり前のように習っていた(笑)。当時は音楽と、あと料理にしか興味がありませんでした」。  音楽を学んでいたことが功を奏したのか、現在放映中の金曜ドラマ『表参道高校合唱部!』(TBS)のヒロイン役もオーディションで抜擢された。「今回のドラマでは短期間で合唱の音取りをしないといけないんです。毎週違う歌を歌うし、毎日練習できないので、音楽ができて本当によかったと思います」。数々のオーディションを勝ち取っているせいか、“オーディション荒らし”との異名があることを伝えると「全然そんなことないです!」と肩をすぼめる。「ダメだったことも何度もありますよ! そのときはもちろん反省しますが、全力で臨んだので悔いは残りません」。  今秋には映画『先輩と彼女』が公開するなど、出演作が絶えないよう。今後ますます活躍しそうな彼女に女優としての目標を尋ねると「正直、演じる楽しさを知るようになったのは、1年半ぐらい前なんです。演技は、音楽や料理と同じで、感覚で動けるから好きなのかなと。だから今はまだ自分でもどんな女優さんになれるのかな?という感じです。とにかくいただいたお仕事を一つひとつ一生懸命に演じていった先に、自分らしい女優になれるのかなと。そうなれると希望を持って毎日全力で頑張っています!」。若干18歳ながら自分の性格を加味した目標がなんとも頼もしい。活躍を期待せずにはいられない、女優が登場したようだ。(取材・文:小竹亜紀)

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access