向日葵の丘 1983年・夏

時代を経ても変わらない大切なものとは

【解説/みどころ】
『朝日のあたる家』の太田隆文監督が常盤貴子を主演に迎えて贈る青春ドラマ。バブル直前の日本人の日常生活が大きく変わった“1983年“と、30年後の“2013年“を舞台に、再会した3人の女性を通して友達や親子の絆の大切さを描き出す。共演は田中美里、藤田朋子。それぞれの高校時代を若手女優、芳根京子、藤井武美、百川晴香が好演。


【ストーリー】
売れないシナリオライターの多香子は、故郷で暮らす高校時代のクラスメイト、みどりから30年ぶりに連絡を受け、あと数ヶ月の命だと知らされる。もうひとりのクラスメイト、エリカに相談するも相手にされず、多香子は悩んだ末に30年ぶりの帰郷を決意する。

キャスト
常盤貴子田中美里藤田朋子芳根京子藤井武美百川晴香並樹史朗烏丸せつこ別所哲也津川雅彦仲代奈緒斉藤とも子岡本ぷく北原雅樹小池亮介高嶺正隆岡村洋一牧口元美奈佐健臣飯島大介泊帝栩野幸知橋本わかな瀧井うた
スタッフ
監督: 太田隆文 脚本: 太田隆文 製作総指揮: 井上浩一 原作: 太田隆文
上映時間・制作年
138分/2015年
制作国
日本
公式サイト
http://himawarinooka.net/
配給
IPSエンタテインメント

向日葵の丘 1983年・夏の関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access