ファースト・マン 関連記事

  • 映画『ファースト・マン』ライアン・ゴズリング&デイミアン・チャゼル監督インタビューカット

    『ファースト・マン』主演ライアン・ゴズリングと監督 激論で見えた“作る意味”

    映画

     映画『ラ・ラ・ランド』(2016)の最強コンビ、俳優のライアン・ゴズリングと監督のデイミアン・チャゼルが再びタッグを組んだ最新映画『ファースト・マン』。1969年、人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の船長ニール・アームストロングの“真の姿”に肉迫した本作では、過酷なミッションを遂行しながらも、父として、夫として、さまざまな葛藤を抱えながら生きた1人の男の半生を浮き彫りにしている。映画の方向性について「激論を交わした」というライアンとチャゼル監督が制作当時を振り返った。@@cutter 本作は、ジェイムズ・R・ハンセンの著書をチャゼル監督が映像化した伝記ドラマ。ニール船長役を務めたライアンは、「ご家族に納得していただけるリアルな演技」を追求するため、史実を徹底的に調べ上げ、さらにはニールの妹ジューン、2人の息子リック&マーク、そしてクレア・フォイ演じる妻ジャネット(全米公開前の2018年6月21日、84歳で死去)からも直接アドバイスを受けた。なお、映画完成後、トロント国際映画祭のプレミア上映で本作を鑑賞したリックとマークは、「父と私たち家族のことをもう語る必要がなくなった。だって“この映画を観てください”と言えば済むからね」と最大限の賛辞を送っている。 ■ ミッション遂行映画か、家族を描く映画かで激論!?  脚本の第1稿が出来上がった段階で、ライアンとチャゼル監督は、映画の方向性について、かなり激論を交わしたという。「最初は喧々諤々だったね。殴り合ったり、家具を投げ合ったり、戦いながらなんとか意見が一致した」とおどけてみせるライアン。これを笑いながら聞いていたチャゼル監督は、「まぁ、それは冗談だけれど、当初私は、この作品をミッション遂行映画として考えていたが、ライアンはニール船長とその家族の喪失感も描くべきではないのか? と意見をくれた。ライアンのフレッシュな観点が、私に“どういう映画を作るべきか”再検査する機会を与えてくれたんだ」。 @@insert1  そしてある日、ライアンから、「キッチンと月」というキーワードを提案され、この映画の進むべき方向性がようやく見えたというチャゼル監督。「宇宙での成功物語でありながらも、この映画は喪失感を抱える家族の物語でもある。その両方のバランスが保たれてこそ、作る意味がある、ということをライアンは明確な言葉で示してくれた」と称賛。これに対してライアンも、「デイミアンは、しっかりとしたヴィジョンを持ちながら、その上でオープンに僕たちの意見をどんどん採り入れてくれる。だから、現場はとても有機的で、一緒に仕事をしていて本当に楽しいんだよ」と相思相愛ぶりをアピールする。  さらに、「あれだけの壮大なミッションに挑む勇猛果敢な宇宙飛行士でも、家に帰ればゴミ出しもするし、プールの掃除もするし、子どもと遊んだり、妻の悩みだって聞いたりする。誰でもありふれた日常が基盤にあるはずなんだ。だから、宇宙というメタファーを使って言えば、家庭生活も同じ軌道上で描くことがこの映画に必要な方向性だと思ったんだ。ミッションを遂行する前にニール船長の人間性や家庭生活をしっかり描く。この映画の最大の魅力は、そこにあると思う」と強調した。@@separator■ 1960年代の空気感を21世紀最新技術で再現  また、本作のもう1つの見どころが、危険と背中合わせの臨場感あふれる宇宙飛行シーン。当時の空気感が香り立つレトロな作り、あるいは描写は、どのようにして生まれたのか。これについてチャゼル監督は、「当時は、もちろん今のような技術がなくて、ガタガタと音がして、“ハンドメイドですか?”と言いたくなるようなルック&フィールだった。そうしたアナログの空気感を捉えるために、今回はデジタル・エフェクトをほとんど使わず、作れる範囲のものはフルスケールで再現し、大きなものはミニチュアを作って、1つ1つ撮影をしていったんだ」と舞台裏を明かす。 @@insert2  こだわりはさらにエスカレート。グリーンバックも一切使わず、実際に見えている風景をLED技術で映し出しながら、全てが撮ったままの画になるというアプローチにもチャレンジしている。「フルスケールも、ミニチュアも、スクリーンプロセスのようなやり方も、昔からある古典的な映画作りの手法。それを今回、“モダンバージョン”で実践したという感じだね。コンピュータが出てくる前の1960年代、特撮的な作り方がこの作品にはピッタリなような気がしたのでトライしたけど、その労力は大変なものだった」とチャゼル監督は述懐している。  タイムスリップしたかのような世界観のなか、宇宙と家庭という2つの現実の狭間で生きたニール・アームストロング。その激動の人生が、さまざまな思いを乗せて日本のスクリーンに着陸する。(取材・文:坂田正樹)  映画『ファースト・マン』は2月8日より全国公開。

  • 映画『ファースト・マン』来日記念イベントにて

    ライアン・ゴズリング、宇宙に旅立つZOZO前澤社長に「その勇気に感服」  

    映画

     来年公開の映画『ファースト・マン』に先駆け、主演のライアン・ゴズリングとデイミアン・チャゼル監督が来日し、3日に都内で行われた記念イベントに出席した。この日は、宇宙飛行士の山崎直子氏、さらには、先日2023年の月旅行プロジェクトを発表し、民間人初の“ファースト・マン”となる予定の株式会社ZOZO代表取締役社長の前澤友作氏も出席した。@@cutter 人類初の月面着陸を実現したアポロ11号の船長ニール・アームストロング氏の視点で、その偉業を描く本作。アームストロング役のオファーを受けた際、ライアンは、「このような偉業を成し遂げた方を演じられることを光栄に感じるとともにプレッシャーも当然ありましたね。実は、原作を読むまでは、ニール船長のことを全く理解していなかったんです。家族との関係、そしてこのミッションを成し遂げるためにどれだけの犠牲を払ったのか。偉業の背後にあるものを背負ったうえで、このような象徴的な人物を演じることはとても大変でした。」と胸の内を明かす。  一方、「なぜ、アポロを題材に撮ろうと思ったのか?」という問いに対してチャゼル監督は、「この作品は(長編監督デビュー作の)『セッション』からの延長線上にある物語だと感じました。つまり、ゴールを追求するために人はどのくらいの代償を払うのか、そのプロセスを考察する中で、自分の中に芽生えた問いかけを、さらに掘り下げられるのではないかと。ある意味、月面着陸ほど大きなゴールはほかにないですから」と真摯に回答。  ただ、ライアンと撮影を進めていくうちに方向性が変わったというチャゼル監督は、「ニール船長はなぜ、この偉業を達成できたのか…それは彼の(同僚や子どもを亡くしたという)深い悲しみや喪失感が彼を宇宙へ駆り立てたとも言えます。そういった意味で、偉大なミッションと家族を含めたエモーショナルな部分をバランスよく描くことがベストであると思いようになったんです」と作品への思いを語った。  また、この日、ゲストで登場した山崎氏は、本物の宇宙飛行士の立場から観ても、「全てがリアルで、まるでドキュメンタリーを観ているような感じでした」と感無量の様子。「あの時代の宇宙船の古めかしい感覚と、まさに危険と隣り合わせの過酷な訓練。それに対してごく普通の日常生活のひとコマひとコマとの対比がとてもリアルだった」と称賛の言葉を惜しまない。これに対して、チャゼル監督は、「山崎さんにお会いできただけでも感激なのに、とてもリアルだったとおっしゃっていただいて、今、物凄いスリルを感じています」と笑顔を見せた。  さらに、もう1人のゲストである前澤氏は、「この数年の中で、僕が観た映画の中でダントツのNO.1」とこちらも大絶賛。リアルな危険も描かれた本作を観て、「周りのスタッフは、私が月に行くことに不安を覚えた人もいましたが、僕自身はそれも覚悟の上、さらにワクワクしています!」と強気の発言。これに対してライアンは、「山崎さんや、これから行かれる前澤さんの勇気、これには感服します。私にはそんな勇気はないので、地上から遥か宇宙を見上げて応援したいと思います」とエールを贈った。  映画『ファースト・マン』は2019年2月8日より全国公開。

  • 来日が決定した(左から)ライアン・ゴズリングとデイミアン・チャゼル監督

    『ファースト・マン』主演R・ゴズリング&D・チャゼル監督 緊急来日へ!

    映画

     人類初の月面着陸への挑戦を描く映画『ファースト・マン』で主演を務める俳優のライアン・ゴズリングと、デイミアン・チャゼル監督の緊急来日が決定した。@@cutter 本作は、『ラ・ラ・ランド』で史上最年少記録となるアカデミー賞監督賞を受賞したデイミアン・チャゼル監督と主演のライアン・ゴズリングが再びタッグを組み、アポロ11号の船長ニール・アームストロングの月面着陸への挑戦を描く。アームストロング役をライアン、妻ジャネットをクレア・フォイが演じ、脚本を映画『スポット・ライト 世紀のスクープ』でアカデミー賞脚本賞を受賞したジョシュ・シンガーが務める。  “月面着陸”という前人未到のミッションに挑むアームストロング役を演じるゴズリングは、2017年に公開された『ラ・ラ・ランド』のプロモーション以来、本作で3度目の来日。史上最年少でアカデミー賞を受賞したチャゼル監督は今回が2度目となる。  実は『ラ・ラ・ランド』の出演オファーを受ける前から、本作の企画に参加する話をチャゼル監督と進めていたというゴズリング。前作と作風がガラッと変わり、チャゼル監督にとっても新境地となった本作について「前作に比べて映画としての表現の仕方がかなり違う分、本作でも念入りな準備が必要だった。失敗する要素は数えきれないほどあったと思う。映画をどうにか成功させるためには全員がパワー全開で取り組まないといけない。とにかくみんなで必死に働いたよ。でもすごく楽しかった」と撮影の様子を振り返る。  チャゼル監督も「当時のロケットや宇宙船は本当に壊れやすく月面着陸は無謀な挑戦だった。だからこそ国を挙げて取り組んだんだ。ニールはその重荷をたった1人で背負い、第一歩を踏み出した。その勇気に僕は感銘を受けた。そこで生涯を描く伝記映画ではなく彼の目線で描くことにしたんだ」と、本作へ並々ならぬ熱い想いを明かしている。  映画『ファースト・マン』は2019年2月8日より全国公開。

  • 『ファースト・マン』ポスタービジュアル

    リアルを追求した映像で月面着陸を描く『ファースト・マン』本予告解禁

    映画

     俳優のライアン・ゴズリングが主演し、人類初の月面着陸への挑戦を描く映画『ファースト・マン』より、本予告映像とポスタービジュアルが解禁された。本予告映像では、宇宙飛行士たちの過酷な訓練の様子や宇宙空間での絶体絶命のアクシデントが、リアルを追求した映像で描き出されている。@@cutter 本作は、『ラ・ラ・ランド』で史上最年少記録となるアカデミー賞監督賞を受賞したデイミアン・チャゼル監督と主演のライアン・ゴズリングが再びタッグを組み、月面着陸を目指すアポロ11号の船長ニール・アームストロングの挑戦を描く。アームストロング役をライアン、妻ジャネットをクレア・フォイが演じ、脚本を映画『スポット・ライト 世紀のスクープ』でアカデミー賞脚本賞を受賞したジョシュ・シンガーが務める。  予告映像は、アームストロングへ告げられる「ニール、君は最高のパイロットだ。月へ行ってくれ」という言葉からスタート。続いて、米航空宇宙局(NASA)プロジェクトチームの生死をかけた特訓や、「帰ってくるよね?」と尋ねる幼い息子に、「そのつもりだよ」と答えるアームストロングの言葉から伝わる家族間の緊張が描き出される。ついに打ち上げのカウントダウンが開始され、妻ジャネットやNASAの局員たちが見守る中、アポロ11号は月へと発射。宇宙空間で絶体絶命のアクシデントに直面した壮絶シーンも映され、最後の最後までリアルを追求して生み出した“あたかもアポロ11号に同乗して宇宙空間を旅しているような臨場感”を垣間見ることができる映像に仕上がっている。  本作で自身初のIMAXフィルム撮影を取り入れたチャゼル監督は、「当時の月面着陸計画は正気の沙汰とも言えるほど無謀でとにかく驚いた」と話し、「何が彼らを暗黒の宇宙へと駆り立て、彼らがどんな体験をしたのか、その時の鼓動や呼吸までをも完全に理解したいと思いながらこの映画を作った」と熱い想いを明かしている。  日本オリジナルのポスタービジュアルには、ライアン演じるアームストロングが宇宙服を身に着け、力強いまなざしで月を見上げる横顔が写し出されており、死と隣り合わせの壮絶な宇宙体験が劇中でどのように描かれるのか期待が高まるビジュアルとなっている。  映画『ファースト・マン』は2019年2月8日より全国公開。

  • 『ファースト・マン』場面写真

    命がけの未知の任務へ&見守る家族…『ファースト・マン』新カット到着

    映画

     映画『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督とライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだ映画『ファースト・マン』の公開日が2019年2月8日に決定し、新たな場面写真が到着。公開された場面写真には、月への出発に向け、着々と準備を進める人々の姿が捉えられている。@@cutter 本作は、ジェイムズ・R・ハンセン著の『ファーストマン』を基に、史上最も危険なミッションである月面着陸計画に人生を捧げ、命がけで成功へと導いたアポロ11号の船長ニール・アームストロングの人生を、壮大なスケールで描く。  このたび解禁された場面写真には、人類がいまだかつて足を踏み入れたことのない“未知の領域=月”への出発に向け、着々と準備を進めるNASA宇宙飛行士と宇宙局の仲間、そしてそれを見守る家族の姿が収められている。  ライアン演じるアームストロングの力強い眼差しを捉えたシーンや、炎と黒煙を上げた墜落飛行機を背景に立ち尽くすアームストロングの姿からは、飛行訓練の過酷さ、そして訓練を遥かに超える宇宙飛行の凄まじさが伝わってくる。  さらに、命に関わる重大な未知の計画に臨むアームストロングを、そばで支える家族たちの姿も。月面着陸に挑むだけでなく、人類の偉大な一歩を歴史に刻んだアームストロングの人生がどのように描かれるのか、期待が高まるビジュアルとなっている。  映画『ファースト・マン』は2019年2月8日より全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access