僕に、会いたかった 関連記事

  • 『僕に、会いたかった』スペシャルトークショーに登壇した錦織良成監督と「地域・教育魅力化プラットフォーム」の水谷智之氏

    初の映画単独主演を務めたTAKAHIROを監督が絶賛!「相当器用で、感受性が豊か」

    映画

     EXILEのヴォーカリストで俳優としても活躍するTAKAHIROが、映画で初の単独主演を務めた『僕に、会いたかった』が、5月10日(金)より公開される。それに先立ち、錦織良成監督と、本作でも描かれる“島留学”の制度を創った「地域・教育魅力化プラットフォーム」の代表理事・水谷智之氏によるスペシャルトークショーが、4月22日に渋谷のユーロライブで開催された。@@cutter 本作の舞台は、壮大な自然が残る島根県の隠岐島。事故で記憶を失くした元漁師の徹(TAKAHIRO)が、母や島の人々、本島から島へ来る留学生たちとふれ合うなかで、家族の絆を取り戻していく姿を描く。TAKAHIROのほか、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生ら今、旬の若手俳優たちが出演し、松坂慶子、小市慢太郎ら実力派のベテランが物語を支えている。  映画を観終わった直後である水谷氏は「今、感動しているので、フラットじゃないかもしれない。でも、映画の温度感、包まれている感がすごい。理屈を超えた温度感、安心感を目の当たりにした感じでした」と感極まった様子だった。  錦織監督は「最初はもっと硬いストーリー展開だったけど、それをEXILEのHIROさんやプロデューサーと話し合って、こういう形になりました。そう言っていただいて、正直ほっとしました」と柔和な笑顔を見せた。島留学の制度について錦織監督は「島留学と聞くと、すごく先入観があると思うけど、行ってびっくりしたのは、高校生たちが本当に前向きな点でした。え?本当に高校一年生?と驚かされる。みんなが明るくて、自分の言葉でしゃべる子が多かったです」と感動しきりだった。  記憶を失った元漁師という難役を務めたTAKAHIROの演技について錦織監督は「彼は相当器用で、感受性がものすごく豊か」と絶賛。彼が泣くシーンについては「テストの時から泣きっぱなし。泣き待ちではなく『泣かないでくれ』とお願いした感じです。彼は役になりきって、島に溶け込んでくれました」と賛辞を送った。  さらに、客席からの質問で、「想像以上の仕上がりになったシーン」について尋ねられた錦織監督は「いっぱいありますが、最後のTAKAHIROくんの表情です。あの表情がすべてを物語っていたので、カットをかけずに10分以上、撮り続けました」と手応えを口にした。また、監督は最後に「TAKAHIROくんや松坂慶子さんたち、スタッフと共に作ったこの映画は、島の人たちと一緒に作った共同作品です」と力強くアピールした。

  • 『僕に、会いたかった』隠岐島で行われた囲み取材

    TAKAHIRO、松坂慶子の温かさに触れて涙腺崩壊 『僕に、会いたかった』親子役の感想を告白

    映画

     EXILEのTAKAHIROが映画単独初主演を務めた『僕に、会いたかった』の上映会が、劇中の舞台であり、撮影地ともなった島根県隠岐島で開催され、島の人々に感謝を伝えたいとの思いから、TAKAHIROをはじめ、松坂慶子、秋山真太郎、錦織良成監督が舞台挨拶を敢行。舞台挨拶後には会見にも応じ、TAKAHIROと松坂が親子役を演じた感想を明かした。@@cutter 本作は島根県の隠岐の島を舞台に、ある事故がきっかけで記憶を失くした元漁師の男・徹(TAKAHIRO)が、“島留学”にやってくる学生との出会いや周囲の人々の優しさに包まれながら、自分自身を見つけようとする姿を描く人間ドラマ。徹を静かに、温かく見守る母親役を松坂が演じている。 @@insert3 ■“母”松坂慶子の温かさに触れて涙  親子役で初共演を果たしたTAKAHIROと松坂。松坂は「母親思いの、心優しい息子。最初からそういう雰囲気を持ってらっしゃった」とTAKAHIROの佇まいを絶賛し、「感受性が豊かで、涙もろいんですよ」と素顔を明かした。TAKAHIROは照れ笑いを見せながら、「松坂さんが不思議なパワーを持ってらっしゃる」と吐露。「日本国民の誰もが知ってらっしゃる大女優さんなので、緊張してご挨拶させていただいた」と最初こそ固くなっていたというが、「すべてを包み込むような笑顔と優しさでお話ししてくださって、何年も育ててもらったような感覚になった。松坂さんの優しさを感じるたびに、涙腺が緩んだ。松坂さんに触れられると、ポカポカと体温が上がるような感じがする…そんな不思議なパワーがあるんです。泣いてはいけないシーンでも、どうしても涙が出てしまうので、リハーサルで枯れるほど泣いて、本番に向かうときもありました」と“涙もろさ”の理由を語っていた。 @@insert1  撮影に用意された食事もすべて平らげしまうほど、島の料理が気に入ったというTAKAHIROだが、「お母さんに作ってもらったご飯を食べるシーンがあるんですが、松坂さんに出していただくと、またそれが何倍にもおいしく思えて。お米も全部立っているように見えるし、お味噌汁も黄金に光っているよう」とお茶目に笑うと、「なんていい息子なんでしょう」とうれしそうに微笑む松坂。なんとも息のあった様子を見せる2人に、錦織監督は「TAKAHIROくんと松坂さんが親子だなんて、美男美女で出来すぎだなと思われるかもしれませんが(笑)、映画を観ていただければ、そこには島に生まれ育った人がいます。それくらいお2人とも島に溶け込んで、とても素敵な島の親子を演じていただけました」と大満足の表情を浮かべていた。 ■島の人々に感謝!「ターニングポイントのような作品」  いつもは華やかなステージに立っているTAKAHIROが、無精髭を生やした漁師役として新境地にトライしたことでも話題だ。共同脚本に名を連ねた秋山は「エグゼクティブプロデューサーのHIROさんにも“普段とはかけ離れたイメージのTAKAHIROくんを”という思いがあった」とコメント。TAKAHIROは「約1ヵ月、島で生活をしながら撮影をさせていただき、とても助かった。島のみなさんの温かさ、心の広さを感じて、それをリアルに表現できたかなと思っています」と、役作りには地元の人々との触れ合いが欠かせなかったそうで、「なかなかできない経験をさせていただいた。本当に難しい役どころでしたが、表現者としてターニングポイントのような作品になった。これからもっと、表現者として感性を磨いて精進していきたい」と宝物のような作品になった様子。 @@insert2  「島のみなさんに、ものすごくご協力いただいた。今日はその方々に映画をお届けすることができた。夢が叶ったようで、とてもうれしい」とうなずき合うなど、島での上映会の実現に喜びをあふれさせた一同。撮影中も島にすっかり馴染んでいたそうで、合間にも「ずっと釣りをしていた」とTAKAHIRO。錦織監督が「釣り糸を垂らすシーンを撮影していたら、TAKAHIROくんはすぐに魚を釣っちゃって」とその腕前に驚くと、松坂が「秋山さんもアジを釣ってらした!」と述懐。秋山は「釣ったものを旅館の方に料理していただいて、松坂さんに召し上がっていただいたんです」と続くなど、和気あいあいとしたトークの止まらない4人。穏やかな島で、最高のチームワークを育んだようだ。(取材・文:成田おり枝/写真:高野広美)  映画『僕に、会いたかった』は5月10日(金)より全国公開。

  • 『僕に、会いたかった』場面写真

    “釣り好き”TAKAHIROが腕前を披露 『僕に、会いたかった』本編映像解禁

    映画

     EXILEのTAKAHIROが寡黙な漁師役で単独初主演を務める映画『僕に、会いたかった』より、本編映像が解禁。プライベートでも釣り好きだというTAKAHIRO演じる主人公・徹が、“島留学”にやってきた学生と釣りを楽しむ姿を捉えたものとなっている。@@cutter 本作は島根県の隠岐の島を舞台に、ある事故がきっかけで記憶を失くした元漁師の男・徹(TAKAHIRO)が、“島留学”にやってくる学生との出会いや周囲の人々の優しさに包まれながら、自分自身を見つけようとする姿を描く人間ドラマ。徹を献身的に支える母親を松坂慶子、徹に寄り添う心優しい医師を小市慢太郎が演じるほか、徹に釣りを教わる島留学に来た学生・雄一を、映画『ソロモンの偽証 前編・後編』『響‐HIBIKI‐』に出演した板垣瑞生が務める。メガホンをとるのは『たたら侍』の錦織良成監督。  劇中では、随所で釣りをしながら学生や島の人と交流する徹の姿が描かれるが、そんな徹を演じたTAKAHIROも、実は大の釣り好き。映画の撮影時も、空き時間があるとずっと釣りをしていたそうで、名前も知らない近所のおじさんと話をしながら、TAKAHIROであることにも気づかれないまま2時間以上も釣りを楽しんでいたというエピソードが明かされている。  本編映像は、帰宅した徹が、母から島留学に来た雄一を紹介される場面からスタート。雄一を釣りに連れていってあげるよう促された徹は「よし、じゃあ行くか」と2人で海に。並んで釣りをしながら、隣の雄一に優しい眼差しを向けたり、アドバイスをしたりする徹。やがて雄一の釣り竿に魚がかかり、徹は奮闘する雄一をサポートしながら釣り上げると、「初めてか? いきなりマダイ釣り上げるなんてすげえよ」と褒めたたえる。  その言葉に雄一は「言われたことをやっただけです」と謙遜し「時間帯とか潮の流れとか、そういうのも関係あるんじゃないですか? データとかとってるんですよね」と質問する。それに対し徹は「それだけじゃ、わからないこともあるんだよ。頭でするもんじゃない」と返答。2人がそれらのやりとりを通して打ち解けていく姿が描かれている。  映画『僕に、会いたかった』は5月10日より全国公開。

  • 『僕に、会いたかった』隠岐の島で行われた上映会に登壇した(左から)秋山真太郎、TAKAHIRO、松坂慶子、錦織良成監督

    TAKAHIRO、ロケ地の高校にサプライズ登場! 男子生徒からも「かっこいい!」

    映画

     映画『僕に、会いたかった』に主演するEXILEのTAKAHIROが9日、劇中の舞台であり、撮影地ともなった島根県の県立隠岐島前高校で行われた上映会に、松坂慶子、秋山真太郎、錦織良成監督とともにサプライズで登場した。生徒たちから大歓声を浴びたTAKAHIROは「映画の舞台となっているこの場所に戻ってくることができて、うれしい」と大きな笑顔。「なんでそんなにかっこいいんですか?」といった生徒たちからの直球質問にも答え、会場を盛り上げた。@@cutter 本作は島根県の隠岐の島を舞台に、ある事故がきっかけで記憶を失くした元漁師の男・徹(TAKAHIRO)が、“島留学”にやってくる学生との出会いや周囲の人々の優しさに包まれながら、自分自身を見つけようとする姿を描く人間ドラマ。劇中でも描かれる“島留学”は、都市部で生まれ育った子どもたちが、高校3年間を島で暮らしながら学ぶことのできる制度。県立隠岐島前高校では、全校生徒のうち約半数が島留学生として、地域の人と絆を育みながら勉学に励んでいる。  高校の入学式当日となったこの日。錦織監督だけが来場すると伝えられていた生徒たちだが、TAKAHIROらキャスト陣も駆けつけていると聞くと、「ええ!?」とパニック状態。TAKAHIROは「キャー!」と黄色い歓声が上がる中、「こんにちは!」と元気よく挨拶した。漁師役とあって、たくましい体型を作るために筋トレに励んだが、「運動場の鉄棒を使って筋トレしていた。寮の食堂でカレーも食べた」と校内の施設を利用していたことを明かすと、生徒たちは「ヤバい!」と目を輝かせていた。 @@insert1  またTAKAHIROが生徒たちからの質問にも答えたいと申し出ると、男子生徒から「なんでそんなにかっこいいんですか?」とストレートな疑問を投げかけられた。「俺にもわからないんだよね」と、茶目っ気たっぷりに切り出して会場の笑いを誘ったTAKAHIROは、「男の鏡はリーダーのHIROさん。いつも人のことを思い、優しさの裏側に強さもある。そういう生き様が男をかっこよくすると思う」と男気あふれる回答。さらに「夢を叶える努力をして、たくさん恋もすると思う。そうやって自分磨きをしてほしい」と続けつつ、「好きな人はいるの?」と逆質問。近くにその男子生徒の彼女がいることがわかると「おいおい!」と突っ込むなど、サービスたっぷりのトークに生徒たちからも笑顔がこぼれていた。  映画『僕に、会いたかった』は5月10日(金)より全国公開。

  • 『僕に、会いたかった』完成披露上映会舞台挨拶に登場したTAKAHIRO

    TAKAHIRO、「予想だにつかない」ギャップで会場魅了 寡黙な役で映画単独初主演

    映画

     EXILEのTAKAHIROが3日、都内で開催された映画『僕に、会いたかった』の完成披露上映会の舞台挨拶に出席。“無精髭を生やした寡黙な男“というイメージとはギャップのある役柄で映画単独初主演を務めたが、この日も軽快なトークで会場を盛り上げたTAKAHIRO。「僕が寡黙な役を演じるのは、みなさん予想だにつかないと思う」と口火を切り、「(完成作を観て)自分の映画を観ていないような感覚になった」と新境地に手応えを語った。@@cutter 本作は島根県の隠岐の島を舞台に、12年前に起こった事故がきっかけで記憶を失くした元漁師の男が、島の雄大な自然や人々の優しさに包まれながら、自分自身を見つけようとする姿を描く人間ドラマ。舞台挨拶には、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生、秋山真太郎、小市慢太郎、錦織良成監督も出席した。  司会から「寡黙な役」と紹介されると会場からは笑い声が上がり、「ザワザワするのが早い!」と観客にツッコミを入れたTAKAHIRO。「単独初主演ということで、初挑戦もたくさんあった。監督と相談しながら、大船に乗ったつもりで演じさせていただいた。しっかりと寡黙な役をやってます」と監督に感謝しつつ、アピールしていた。  M!LKとしても活躍する板垣とは、隠岐の島での撮影で魚釣りを通して親交を深めたという。TAKAHIROが「すごいイケメンなので、“イケメンだね。モテるでしょ”と言った」と振り返ると、板垣は「TAKAHIROさんほどじゃないですよ」とニッコリ。すかさずTAKAHIROが「こういうこと言う。なめてんな」と笑顔を見せるなど丁々発止のやり取りで会場をわかす一幕も。TAKAHIROの“舌好調”ぶりに、秋山は「全然、寡黙感ない」とストレートに語り、笑いを誘っていた。  映画『僕に、会いたかった』は5月10日より全国公開。

  • 『僕に、会いたかった』新ポスター

    TAKAHIROの涙の理由は… 『僕に、会いたかった』ポスター&予告到着

    映画

     EXILEのTAKAHIROが初単独主演を務める映画『僕に、会いたかった』より、ポスタービジュアルと予告映像が届いた。TAKAHIRO演じる記憶を失くした漁師・徹が静かに涙を流すシーンも盛り込まれ、エモーショナルな予告映像となっている。@@cutter 本作は、島根県隠岐の島の大自然を舞台に、とある事故をきっかけに記憶を失った漁師が、周囲の人々の優しさに触れるうち、新しい自分を見つけ出す、家族の絆と再生を描くヒューマンドラマ。共演者として、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生、松坂慶子、小市慢太郎など、若手からベテラン勢まで豪華俳優陣が発表されている。監督は『わさお』『たたら侍』の錦織良成。  島で一二を争う凄腕漁師の池田徹(TAKAHIRO)は、ある事故をきっかけに記憶を失いながらも、母や島の人々のサポートを得ながら暮らしていた。漁に出られなくなった徹は、島で懸命に今を生きようとするが「ありがとう」を言いたい人も忘れ、心だけが前へ進めない。そんな苦悩する徹を、島の雄大な自然と、そこに暮らす人々の優しさが包み込む。徹は“自分自身”を見つけることができるのか…。  発表されたポスタービジュアルは、舞台となる島根県隠岐の島の美しい風景も織り込まれ、主人公・徹を中心に、柔らかな表情の登場人物たちが配置されたもの。徹の葛藤を優しく支える家族や島の人々とのつながりを示唆するビジュアルとなっている。  予告映像は、嵐の中、荒波に揉まれる漁船の上で雨に打たれながら悲痛な叫び声をあげる徹の緊迫したシーンからスタート。記憶を失い、穏やかな日々の中でも葛藤する徹と、そんな彼を支える人々の真摯な優しさが丁寧に紡がれていく。すべてを受け止めて静かに涙を流すTAKAHIRO演じる徹の表情が印象的で、エモーショナルな予告編となった。ラストカットでは冒頭とは全く違う穏やかな海の上を船が進んでいく。本作の見どころのひとつである隠岐の島の美しいロケーションもしっかり捉えられている。  映画『僕に、会いたかった』は5月10日より全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access