ロッキー4 炎の友情 関連記事

  • 歴代ボクシング映画北米興行収入1位:『ロッキー4/炎の友情』

    歴代ボクシング映画、北米興行収入1位は『ロッキー4/炎の友情』

    映画

     2018年にも様々なジャンルやテーマの映画が公開されたが、シルヴェスター・スタローンをスターダムに押し上げた『ロッキー』シリーズのスピンオフ第2弾『クリード 炎の宿敵』もその1つ。日本では1月11日公開だが、その第2弾に再登場するドラゴがアドニス・ジョンソンの父アポロを倒した『ロッキー4/炎の友情』は、歴代ボクシング映画の北米興行収入1位に輝いている。@@cutter The Wrapが『クリード 炎の宿敵』の北米公開を記念してまとめたランキング。アカデミー賞作品賞に輝いたシリーズ第1弾を差し置いて、1位になった『ロッキー4/炎の友情』の北米興行収入は約1億2780万ドル(約144億6000万円)だ。ソ連のボクサー、ドラゴが、ロッキーのライバルであり親友のアポロと対戦し、アポロは帰らぬ人に。ロッキーがドラゴの挑戦を受け、リングでアポロの無念を晴らすというストーリーだった。『クリード 炎の宿敵』では、息子たちに因縁の対決が引き継がれている。  『ロッキー』以外のボクシング映画といえば、ロバート・デ・ニーロに2つめのオスカーをもたらした1980年の『レイジング・ブル』や、日本でも大ヒットした感動作『チャンプ』などがあるが、北米興行収入では『ロッキー』シリーズが圧倒的な強さを見せている。  続く2位は、チャンピオンになったロッキーが新人ボクサーに破れ、死んだミッキーに代わってトレーナーを務めるアポロと共に再起をかけて戦う『ロッキー3』がランクイン。北米興行収入は約1億2500万ドル(約141億4300万円)。3位は約1億1720万ドル(約132億6800万円)で『ロッキー』という結果になっている。  歴代ボクシング映画、北米興行収入トップ10は以下のとおり。(Box Office Mojoより現地時間11月25日現在) 1位 『ロッキー4/炎の友情』/約1億2780万ドル(約144億6000万円) 2位 『ロッキー3』/約1億2500万ドル(約141億4300万円) 3位 『ロッキー』/約1億1720万ドル(約132億6800万円) 4位 『クリード チャンプを継ぐ男』/約1億970万ドル(約124億1200万円) 5位 『ミリオンダラー・ベイビー』/約1億40万ドル(約113億6000万円) 6位 『ザ・ファイター』/約9360万ドル(約105億9600万円) 7位 『リアル・スティール』/約8540万ドル(約96億6800万円) 8位 『ロッキー2』/約8510万ドル(約96億2900万円) 9位 『ロッキー・ザ・ファイナル』/約7020万ドル(約79億4700万円) 10位 『シンデレラマン』/約6160万ドル(約69億7000万円)

  • 世界の男たちを魅了する「ロッキー」シリーズ7作目の『クリード チャンプを継ぐ男』

    人生のセコンドには『ロッキー』がいた 生誕40周年&新作公開、シリーズを総ざらい

    映画

     みなさん、いよいよ待ちに待ったエピソード7の公開です。え、『フォースの覚醒』? バカヤロー、「人生ほど重いパンチはない(第6作)」んだ! ということで、『クリード チャンプを継ぐ男』で7作目…世界の男たちを魅了してやまない映画史に残る金字塔『ロッキー』シリーズをご紹介。観れば心の生卵、ロッキーがいつもあなたのセコンドとして人生を支えてくれる名シリーズです。@@cutter アメリカ東部の旧都フィラデルフィアで戦うしがないボクサー、ロッキー・バルボアの物語が始まったのは76年。そう『スター・ウォーズ』の1年先輩、来年でシリーズ生誕40年となるのです。エイドリアーン!!  すみません、取り乱しました。街のアイコンとして銅像が建てられるまでに至る大河ドラマは、30歳にしてうだつが上がらないボクサー・ロッキーと、彼が想いを寄せるペットショップの店員エイドリアンを中心に展開されます。いま観ると2人のイケてない感じ、明らかに学校ではスクールカーストの上位でなかったであろう雰囲気がたまりません。だからこそ逆に応援したくなるのです。  エイドリアンの兄であり、後にロッキーの義兄となるポーリー。ロッキーを指導する老トレーナーのミッキーといった周囲の人たちもそれぞれスピンオフ作品ができていいぐらいに味があります。特にポーリーは飲んで暴れたり、ロッキー家の金を使い込んだりととかくダメな奴なのですが、ままならない人生の厳しさと難しさを知る、『ロッキー』シリーズもう1人の主人公と言うべきキャラクターです。@@separator ロッキーはこうした人たちに支えられ、天才アポロ・クリード、凶悪クラバー・ラング、ソ連の結晶イワン・ドラゴといったライバルたちと戦っていきます。最初の名前にピンと来たあなたはご名答、戦いを通じ友情が芽生え、敵対する側から同じコーナーへ回ることになるアポロこそ、新作『クリード』の主人公アドニスのお父さんであるのです。もはや神話を思わせる、めくるめくストーリー。  このように、なにせ40年に及ぶ長寿作品ですから、人生におけるあらゆることをロッキーが経験していきます。エイドリアンとの恋は愛と実ってやがて結婚へ至り、人生と誇りを懸けたアポロとの決闘、子どもの誕生、迷いと決断、勝利の栄光、慢心と挫折、別れ、友情、死、再起、許し、親子の愛、そして苦悩、和解、再生…それらが『ロッキー』に描かれています。ですから実人生でそうしたことに見舞われる度シリーズへ立ち返り、「ロッキーはどうしたか?」と考えれば、自ずと進むべき道が見えてきます。  『ロッキー』シリーズとはそんな人類が共有できる世界的文化遺産。いったん心に入れれば最新作『クリード』よろしく、いつでもロッキーがあなたを支え、導いてくれるでしょう。そう、「人は変われる!(第4作)」のです。ですが、『ロッキー』の道は1日してならず。まずは『クリード』を観ることからその道を歩んでいきましょう。(文:「しるべ寿太郎」こと しべ超二)  映画『クリード チャンプを継ぐ男』は現在公開中。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access