クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

上白石萌音&屋比久知奈&井上芳雄出演 ミュージカル『ジェーン・エア』新演出版、11年ぶり上演

エンタメ

  • twitter
  • facebook
ミュージカル『ジェーン・エア』に出演する(左から)上白石萌音、屋比久知奈、井上芳雄
ミュージカル『ジェーン・エア』に出演する(左から)上白石萌音、屋比久知奈、井上芳雄

関連 :

上白石萌音

屋比久知奈

井上芳雄

春野寿美礼

仙名彩世

大澄賢也

 女優の上白石萌音と屋比久知奈がダブルキャストで主演するジョン・ケアード演出のミュージカル『ジェーン・エア』が、2023年3月に東京、同4月に大阪にて、新演出版として11年ぶりに上演されることが決まった。

【写真】ミュージカル『ジェーン・エア』チラシビジュアル

 本作は、情熱と強い意志を持った一人の女性が自由と愛を求める物語。原作は1847年に刊行されたシャーロット・ブロンテの同名長編小説で、何度も映像化され、1996年にカナダ・トロントにて、ジョン・ケアードが自ら脚本を担当、ポール・ゴードンが音楽を担当し、ミュージカル化。2000年にブロードウェイにてロングラン上演されると、トニー賞で作品賞など主要5部門にノミネートされた。

 日本では2009、12年に上演されており、今回、梅田芸術劇場と東宝の共同制作により11年ぶりの上演、さらには新演出版として新たに生まれ変わる。

 キャストは、『ナイツ・テイルー騎士物語―』『千と千尋の神隠し』でジョン・ケアード作品に出演経験もある上白石萌音と、『レ・ミゼラブル』のエポニーヌ役、『GREASE』のサンディ役を演じた屋比久知奈が、主人公ジェーン・エアとその親友のヘレン・バーンズを役替わりのダブルキャストで演じる。

 そして、これまでさまざまな作品でジョン・ケアードの演出を受けてきた井上芳雄が、ジェーンが家庭教師として訪れる屋敷の主人エドワード・フェアファックス・ロチェスター役を演じる。このほか、春野寿美礼、仙名彩世、樹里咲穂、大澄賢也、春風ひとみら実力派が集結した。

 演出のジョン・ケアードは「ミュージカル『ジェーン・エア』は、どんな時代でも普遍的に人々に愛され続ける物語だと思います。何も持たないところから人生をスタートさせる1人の女性の物語です。ジェーンには両親も、お金も、希望もなくどこを取っても絶望的です。それでも彼女は道を切り開き、自分自身を新たに作り上げていくのです」とした上、「そんなジェーンに萌音と知奈の2人は適役です。2人とも素晴らしい歌声を持ち、キャラクターの豊かな内面を表現する技量を持っています。ジェーンの魂を見事に演じることができるでしょう。相手役のロチェスターを演じる井上芳雄さんは素晴らしい舞台俳優であり、キャラクターの内なる感情を歌に込めて見事に演じることができる俳優です」と太鼓判を押している。

 上白石は「今から稽古してしっかりとジェーンの意思を舞台によみがえらせることができるように頑張ります」、屋比久は「2役を演じることでそれぞれの役の気持ちがずっと深まると思うので、真摯に2人の女性と向き合いたいです」とコメント。

 井上は「私が演じるロチェスターは、金持ちですが苦しみや悩み、秘密を持った男で、ジェーン・エアと出会い、人生が変わり救われていきます。その人生のドラマティックな変化をどう演じるかが挑戦ですが、やりがいしかないのではと今から楽しみにしています」と話している。

 ミュージカル『ジェーン・エア』は、東京芸術劇場プレイハウスにて2023年3月、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて同4月上演。

 コメント全文は以下の通り。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv