クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

鈴鹿央士×飯豊まりえW主演 八目迷『夏へのトンネル、さよならの出口』劇場版アニメ化

アニメ

  • twitter
  • facebook
映画『夏へのトンネル、さよならの出口』にW主演する鈴鹿央士×飯豊まりえ
映画『夏へのトンネル、さよならの出口』にW主演する鈴鹿央士×飯豊まりえ(C)2022 八目迷・小学館/映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会

関連 :

鈴鹿央士

飯豊まりえ

 第13回小学館ライトノベル大賞のガガガ賞と審査員特別賞をダブル受賞した八目迷のデビュー作『夏へのトンネル、さよならの出口』(小学館ガガガ文庫)がアニメ映画化され、今夏全国公開されることが決まった。声の出演として鈴鹿央士と飯豊まりえがダブル主演を務める。併せて総作画監督の矢吹智美によるキャラクターデザインも解禁された。

【写真】『夏へのトンネル、さよならの出口』フォトギャラリー

 本作は、とある片田舎で起こる郷愁と疾走の、忘れられないひと夏の物語。つかみどころがない性格のように見えて過去の事故を心の傷として抱える塔野カオルと、芯の通った態度の裏で自身の持つ理想像との違いに悩む花城あんず。ふたりは不思議なトンネルを調査し、欲しいものを手に入れるために協力関係を結ぶ。

 アニメ化に当たっては、監督を映像表現に定評のあるアニメーション監督・田口智久、キャラクター原案・原作イラストを精緻でドラマティックなイラストレーションで知られるくっか、制作をCLAPが担当。次世代アニメーション界を担う注目のスタッフが集結した。

 欲しいものがなんでも手に入るという“ウラシマトンネル”と出会い、探検を試みる塔野カオル役を務めるのは、本作が声優初挑戦となる鈴鹿央士。容姿端麗・頭脳明晰(めいせき)ながらクラスで少し浮いた存在の転校生で、カオルとともに“ウラシマトンネル”の謎に挑む花城あんず役を飯豊まりえが演じる。

 通常、アニメのアフレコは時系列で各役者が順番に入れ替わりアフレコを行うため、役者陣は適宜休みながら収録を行うことができるのだが、本作は主演2人のやりとりでほぼストーリーが進むため、今回の収録は2人のみで「生の掛け合い」を意識し、一対一の演技を2日連続で徹底して行った。
 
 途中、アフレコ特有の“距離感”に悩む鈴鹿に対し、飯豊が「マイクの向こう側にいる人に向けて話すようにしてみては?」と経験者ならではのアドバイスを送る場面も。これで鈴鹿は勘をつかみ、これまで鈴鹿が培ってきた実写での演技を生かしたアフレコになっていった。

 鈴鹿は「オーディションでは、初めての体験をただ楽しむことにしていたので、まさかこの役を務めさせていただくことになるとは思っていませんでした。普段、映像の世界にいる自分にとって未知の領域を体験し、アニメーションの奥深さやキャラクターを創りあげていく過程に心弾みました」とコメント。

 飯豊は「ノスタルジーな世界観で、彼らが存在している場所やトンネルの中はどれも懐かしく不思議な感覚になります。『本当に欲しかったもの』を目指して手を組む2人にはどんな結末が待っているのか。そしてなによりも彼らを取り巻く風景がとても美しいので、ぜひ映画館でウラシマトンネルがある世界に迷い込んだような錯覚になっていただきたいです」と話す。

 田口監督は2人の起用について「この作品で最も重要だと思ったのは『存在感』です。アニメという1から10まで創作されるイメージの奔流の中で、確かに息づく存在感をカオルとあんずに与えなければなりませんでした。当然主演二人のオーディションは難航。しかしそんな中でとびきりの『存在感』を放っていたのが、鈴鹿央士さんと飯豊まりえさんでした」と明かしている。

 アニメ映画『夏へのトンネル、さよならの出口』は、今夏全国公開。

この記事の写真を見る

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る