クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

4月退社の久慈暁子アナ、ラスト『向上委員会』は「鬼越トマホークさんがいなくてホッとしました」

エンタメ

  • twitter
  • facebook
3月26日放送の『さんまのお笑い向上委員会』より
3月26日放送の『さんまのお笑い向上委員会』より(C)フジテレビ

 来月フジテレビを退社する久慈暁子アナウンサーが、明日26日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)をもって同番組を卒業。昨年4月から2代目アシスタントを務めてきた久慈アナが、さんま向上長の隣で1年間鍛え上げてきた“お笑いエデュケーション”の成果を、明日の放送で発揮する。

【写真】「鬼越トマホークさんがいなくてホッとしました」4月末に退社する久慈暁子アナ

 最後の番組収録が始まると、いきなり“向上長”であるさんまから、今の気持ちを聞かれた久慈アナは、「やっぱりさみしいです」と特別な思いを打ち明ける一方、「出演者の欄を見て、鬼越トマホークさんがいなくてホッとしました」(※久慈アナは2月の放送で鬼越の“ケンカ芸”に巻き込まれ、毒舌に涙してしまった)と返すなど、早速これまでに培った“お笑いエデュケーション”の成果を見せつける。

 さんまから「最後の司会っぷりを見せてもらいましょうか」と言われ、久慈アナもはじける笑顔で進行を進めていく。しかし、収録が終盤にさしかかると、なんと、さんまから久慈アナに最後の指導が。お笑い芸人たちがスタジオの中央に出てきて、「閉店ガラガラ!」を合図に、ネタを披露し合う番組の恒例コーナー「SURVIVAL TIME」。今回はさんまから久慈アナが「最後のあいさつは“閉店ガラガラ”や!」とまさかの“ネタ振り”を受けることに。

 久慈アナは急な“笑いのパス”に、最初は嫌がるそぶりを見せながらも、意を決してスタジオの中央へと進んでいくと、とまどいながらも久慈ワールド全開のネタを全力で披露。やりきった後にはスタジオ全体からの拍手がわき起こり、久慈アナの目から思わず涙がこぼれる。さんまも「最後の千本ノックや」と話すなど、最後の最後まで最高級のお笑い直接指導を受けた久慈アナだった。

 そんな久慈アナにとって最終回となる今回の収録では、前回に引き続き昨年末の『THE W』(日本テレビ系)で優勝し、今勢いに乗る若手芸人のオダウエダの2人が登場。スタジオの芸人たちによって次々に暴かれる大会の裏話に、オダウエダの2人もタジタジに。すると、本来『THE W』でやりたかったという秘密のネタをなぜか披露することに。

 さらにゲスト芸人に、愛のあるクレームを言いにやってくる“愛のクレーマー芸人”として岡野陽一とチャンス大城が登場。自らを“地下芸人”と称す彼らのクセの強いネタにスタジオは大盛り上がり。話の脱線あり、熱唱タイムありのやりたい放題が繰り広げられる。

 久慈暁子アナが卒業する『さんまのお笑い向上委員会』はフジテレビ系にて26日23時放送。

次ページ

2代目アシスタントとして最後の『お笑い向上委員会』収録を終えた久慈暁子アナインタビュー

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv