クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『鎌倉殿の13人』“義経”菅田将暉、戦で大暴れに興奮&恐怖「キレッキレ」「鬼神のよう」

ドラマ

  • twitter
  • facebook
大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第16回「伝説の幕開け」より
大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第16回「伝説の幕開け」より(C)NHK

関連 :

NHK大河ドラマ

菅田将暉

 小栗旬が主演を務める大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK総合ほか)第16回「伝説の幕開け」が24日に放送され、菅田将暉扮する義経が嬉々として戦で大暴れする姿が描かれると、ネット上には「キレッキレすぎる」「鬼神のような義経に鳥肌」といった反響が巻き起こった。

【写真】平家との戦を前に“ある作戦”を義時(小栗旬)に伝える義経(菅田将暉) 『鎌倉殿の13人』第16回「伝説の幕開け」場面カット

 御家人たちをまとめ上げた源頼朝(大泉洋)は、弟・範頼(迫田孝也)を総大将、梶原景時(中村獅童)を軍奉行とした本軍を派兵する。義時(小栗)も従軍し、先発した義経と合流。早速一同は木曽義仲(青木崇高)討伐の作戦を立てる。そこへ義仲からの“協力して平家を討とう”という文が届くと義経は激怒。「返事はなんとします?」と問う義時に、義経は「文を持ってきた奴の首をはねて送り返せ」と言い放つ。

 大胆かつ緻密な戦略で義仲討伐を果たした義経。平家との戦を目前にした義経は、後白河法皇(西田敏行)から平家方に対して“源氏との和議”を結ぶよう命じてほしいと提案する。義経は、法皇の命令を知らなかったことにして、油断した平家を一気に攻めることを義時に伝える。この作戦に思わず複雑な表情を浮かべる義時。すると義経は不敵な笑みを浮かべて義時に顔を近づけると「騙し討ちの何が悪い」と言い切る。

 義経の策にのった法皇は平家に対して源氏と和議を結ぶよう命令。そして第16回の終盤では一ノ谷の戦いが描かれるという展開に。いわゆる“鵯越(ひよどりごえ)の逆落とし”を経て、平家の陣にたどり着いた義経は「かかれぇー!」と雄叫びを上げながら突入。鬼気迫る表情で矢を放ち刀を振るい、誰よりも大暴れする義経の姿が描かれると、ネット上には「キレッキレすぎる」「誰よりも戦を楽しんでる」「目ぇバッキバキ」「良い顔してるなぁー!!」などの声が相次いだ。

 その一方で、平家を滅ぼすことへの執念ゆえに、卑怯な作戦もためらわない義経に対して「義経やべぇ奴だ」「悪魔だわ義経」「鬼神のような義経に鳥肌」「生き生きした義経が怖い」といったコメントも集まっていた。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv