クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

山下敦弘×宮藤官九郎が初タッグ! 台湾映画『1秒先の彼女』日本版リメイク決定

映画

  • twitter
  • facebook
台湾映画『1秒先の彼⼥』場面写真
台湾映画『1秒先の彼⼥』場面写真(C)MandarinVision Co,Ltd

関連 :

山下敦弘

宮藤官九郎

 台湾映画『1秒先の彼女』の日本版リメークが、山下敦弘監督と脚本家・宮藤官九郎の初タッグにより製作されることが決まった。2023年公開を予定している。

【写真】台湾映画『1秒先の彼女』日本版リメイクでタッグを組む山下敦弘と宮藤官九郎

 『1秒先の彼女』は、何をするにも人よりワンテンポ早い彼女と遅い彼の、消えた“1日”を巡るラブストーリー。愛すべきはみ出し者たちをユーモアと優しさあふれるまなざしで描いてきたチェン・ユーシュン監督が、20年前から温めていた脚本を基に撮りあげた作品だ。オリジナリティーあふれるアイデアと巧みなストーリー展開により、第57回台湾アカデミー賞(金馬奨)で最多5冠(作品賞、監督賞、脚本賞、編集賞、視覚効果賞)に輝いた。

 舞台を日本に移した日本版リメークでメガホンをとるのは、『リンダ リンダ リンダ』『天然コケッコー』『苦役列車』などの山下敦弘。脚本を務めるのは宮藤官九郎で、既存の映画作品のリメークの脚本を手がけるのは本作が初となる。メインキャストやリメーク版タイトルは順次発表される。

 山下監督は「『1秒先の彼女』を観て主人公のシャオチーを演じるリー・ペイユーのファンになり、リメイクに名乗りを挙げさせていただきました。が、しかしチェン・ユーシュン監督の唯一無二なその世界観、“時間にまつわるファンタジーラブロマンス”と書いてしまえば簡単に聞こえますが、映画全体にユーシュン監督のエッセンスというか“魔法”みたいなものがふりかけられていて、そう簡単にリメイクさせてはくれない作品を前に思考が停止してしまい、一体どうやってリメイクすればいいのか全く分からなくなってしまいました。と、その時、脚本家・宮藤官九郎という救世主が現れ、自分たちなりの“魔法”のかかった新たな作品として作る意味と楽しさを授けてくれました」とコメント。

 脚本の宮藤は「既存の作品のリメイクは初めての経験でしたが、オリジナルのファニーで可愛らしい印象は残しつつ、せっかく山下監督が撮るんだからと欲張って、人生の苦み、もどかしさ、おかしみなどのエッセンスを盛り込み、我ながらいい塩梅に変換できたと思います。何しろ監督も僕も、台湾版の結末に心を掴まれ、あの読後感を大事にしようという一点では一致していたので、途中、寄り道しますが、ゴールは一緒のはず。楽しみです」と話している。

 映画『1秒先の彼女』の日本版リメークは、2023年公開予定。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv