クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

小出恵介、3つの時代を生きるウエディングプランナーに 主演作『Bridal, my Song』公開決定

映画

 俳優の小出恵介が主演する映画『Bridal, my Song』が、9月30日より公開されることが決定。予告編、ポスター、小出や板橋基之監督らのコメントが解禁された。本作でウェディングプランナーを演じる小出は「主人公の一途でエネルギッシュで愛に溢れた人生が、丁寧に描かれている内容になっていると思います」とコメントを寄せている。

【動画】小出恵介、3つの時代を生きる主人公を演じ分け! 『Bridal, my Song』予告編

 近代の日本の結婚式の定番とされている、レストランウエディング、キャンドルサービス、ケーキ入刀。やがてライフスタイルの変化とともに結婚式も多様化が進み、現在のブライダル業界は顧客からのさまざまなニーズに応えながら競争を繰り広げている。

 本作は、ウェディングプランナーとして、日本のブライダル産業の原点を生み出した実在の人物の半生を映画化。昭和55年、平成5年、令和2年、という3つの時代を舞台に、革新的なアイデアでブライダル業界に新風を巻き起こした主人公・今田秀(こんだしゅう)と、彼を支える仲間たちの挑戦の物語だ。

 主人公の今田秀を演じるのは、『パッチギ!』『僕の彼女はサイボーグ』など映画・ドラマに多数出演してきた小出恵介。3つの時代を生きる主人公を巧みに演じ分けている。共演には、ドラマ・映画で幅広く活躍する渡辺大、お笑いコンビ・ラバーガールの大水洋介、NHK連続テレビ小説『まんぷく』『おちょやん』に出演した辻凪子、メンズノンノ専属モデルで若手俳優の水沢林太郎など個性豊かな俳優陣が名を連ね、さらにベテランの浅田美代子が作品に重厚感をもたらしている。

 監督は、短編映画『おべんとう』でモントリオール世界映画祭ほか数々の映画祭にて高評価を受けた板橋基之。板橋監督にとって本作が長編映画デビュー作となる。音楽はロックバンド「ゴダイゴ」のリーダー・ミッキー吉野が担当。本作は横浜が主なロケーション地で、横浜を象徴するランドマークタワーや実際のウエディング会場が作品を華やかに彩る。

 予告編は、「結婚式って、何だろう?」「結婚式は、もっと笑顔があふれて、驚きと感動があってもいいはずだ」という今田のセリフから始まる。そして、会社の創成期に今田と仲間たちがさまざまな困難や課題に挑戦していく姿や、感動的な結婚式の様子などが映し出されていく。最後は今田の「結婚式を変えたい。それが、私の使命である」という言葉で締めくくられ、ブライダル業界に新風を吹き込んだ主人公の熱い生き様に興味が高まる予告となっている。

 ポスターは、敏腕経営者のオーラを放つ今田(小出)と、平成の時代に事業拡大のキーマンとなる彼の息子・竜(水沢)の2人を捉えたもの。横には「挑戦の先にーあなたの笑顔がある」というキャッチコピーが添えられている。

 映画『Bridal, my Song』は、9月30日より全国順次公開。

 コメント全文は以下の通り。

次ページ

<主演俳優・監督・プロデューサーコメント全文>

1ページ(全2ページ中)
映画『Bridal, my Song』予告編

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv