クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

仲野太賀主演『ジャパニーズスタイル』、市川実日子、石崎ひゅーい、檀れい、柄本明ら共演キャスト発表

ドラマ

  • twitter
  • facebook
ドラマ『ジャパニーズスタイル』ポスタービジュアル
ドラマ『ジャパニーズスタイル』ポスタービジュアル(C)テレビ朝日

関連 :

仲野太賀

市川実日子

要潤

檀れい

石崎ひゅーい

しずる

柄本明

金子茂樹

深川栄洋

 俳優の仲野太賀が主演を務める10月スタートのドラマ『ジャパニーズスタイル』(テレビ朝日/毎週土曜23時30分)の追加キャストとして、市川実日子、要潤、KAZMA、石崎ひゅーい、檀れい、柄本明の出演が決定した。

【写真】フラメンコダンサーのルーシーを演じる市川実日子

 本作は、テレビ朝日初の本格シットコム。シットコムとはシチュエーションコメディの略で、限られた場面設定、登場人物で繰り広げられる連続ドラマのことを指し、『俺の話は長い』や『コントが始まる』の金子茂樹が脚本、『にじいろカルテ』や『和田家の男たち』の深川栄洋が監督を担う。

 舞台となるのは、さびれた温泉旅館『虹の屋』の玄関とロビー、従業員室・大浴場の入口とエレベーターのみ。その限られた空間で30分間ノンストップの群像劇が繰り広げられ、撮影自体もほぼ<本番一発>の長回し。そんなチャレンジングな試みに、市川実日子や要潤、KAZMA、石崎ひゅーい、檀れい、柄本明が仲野とともに挑戦。

 物語は、温泉旅館『虹の屋』の3代目である父親に反発し家を飛び出したものの、うだつの上がらない毎日を送っていた哲郎(仲野)が10年ぶりの帰宅を果たすところから始まる。そんな彼を待ち構えていたのは、口が悪い流しのフラメンコダンサーの寺門・ルーシー・数子(市川)、温泉嫌いで潔癖症の支配人・影島駿作(要)、UNO依存症の料理長・浮野奏太(KAZMA)、息子と占いに人生を捧げるシングルマザーの仲居・浅月桃代(檀)とその母親と一輪車を愛する少年のような従業員・浅月凛吾郎(石崎)、省エネ仕事で40年も旅館にしがみつく古株・梅さんこと梅越一二四(柄本)というひとクセもふたクセもある猛者たちだった―。

 仲野は今回解禁となった共演者たちについて「一緒にお芝居をするうえでこんなに頼もしい共演者の方々はいない」とコメント。一方で「皆さん個性的ですし、異種格闘技みたいになるのでは(笑)」と、<本番一発勝負>ならではの、先読み不可能な展開の様子を少し不安げに吐露した。

 しかし、市川を始めとした共演者たちは皆、誰も成し遂げていない新たなドラマへチャレンジすることの意義を語り、脚本の金子へ信頼を寄せている。

 要は本作の脚本に「リズムがすごくいいですね。それぞれのキャラクターが立っていますし、言葉も独特です。非常にバランスが良くて、まさに『ジャパニーズスタイル』のコンセプトに則った脚本だなと思いました」と今からワクワクしていることを明かし、石崎は「金子さんの世界観の中に自分が入ることができるという興奮がありました」と喜びを語った。柄本も「とにもかくにも、やっぱり大事なのは脚本」と、ベテランならではの視点で語る。

 金子が得意とするスピーディーな会話劇の展開が予想されるが、KAZMAは「金子さんの理想通りにはきっと動けないので、諦めてもらって(笑)」と不敵な笑みを浮かべた。はたして物語は、誰も失敗することなく、脚本通りスムーズに進行するのか。
 
 土曜ナイトドラマ『ジャパニーズスタイル』は、テレビ朝日系にて10月より毎週土曜23時30分放送。

 ※解禁キャストのコメント全文は以下の通り

次ページ

<コメント全文>

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv