クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

味方良介、イケメン生物学者役で『警視庁アウトサイダー』第3話ゲスト出演

ドラマ

  • twitter
  • facebook
ドラマ『警視庁アウトサイダー』第3話より
ドラマ『警視庁アウトサイダー』第3話より(C)テレビ朝日

関連 :

西島秀俊

濱田岳

上白石萌歌

味方良介

 西島秀俊が主演を務め、濱田岳と上白石萌歌が共演するドラマ『警視庁アウトサイダー』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第3話(1月19日放送)に、味方良介がイケメン生物学者役でゲスト出演することが発表された。

【写真】『警視庁アウトサイダー』第3話にゲスト出演した味方良介の場面写真

 ミステリー作家・加藤実秋の同名小説を実写化する本作は、スネに傷を持つグレーな刑事たちが、秘密を隠しながら、互いに利用し合い、それぞれの正義を見いだしていく…という異色刑事ドラマ。西島が《見た目が極道の元マル暴オヤジ刑事・架川英児》、濱田が《一見さわやかなのに大きな秘密を抱えたエース刑事・蓮見光輔》、上白石が《安定した就職先として警察を選んだ新米刑事・水木直央》というクセの強いキャラクターにふんし、ワケありトリオを結成。警察組織の中で異質な存在=アウトサイダーである3人が持ちつ持たれつ、さまざまな難事件に挑んでいく。

 第3話は、直央が夜道をひとりさまよう幼い女の子に遭遇するところからスタート。すぐさま保護したところ、その女児の母親が行方不明になっている事実が発覚する。最近、地域で若い女性の失踪が2件続いて起きていることから、直央は同一犯による連続誘拐事件に違いないと直感。彼女に押される形で、英児と光輔も捜査を開始する。

 そんな謎に包まれた事件を追う中、直央が出会ったのが、味方演じる生物学者・山野井昭。彼は清潔感あふれるイケメンできわめて紳士的な人物のようだが、なんと直央に急接近? はたして山野井は事件に関与しているのか? メインフィールドの舞台はもちろん、映像作品でも実力をいかんなく発揮し、“カメレオン俳優”とも評される味方が、本作でも圧倒的な存在感を見せつける。

 さらに、捜査線上に浮かんだのは“人類総帥”というハンドルネームでライブ配信を行い、過激な持論を発信する謎の人物。紙袋をかぶって顔を隠して暴論をまくしたてる、この怪しげな男は何者なのか?

 なお、今夜21時からは第2話を放送。今回から新人刑事の直央が正式に英児と光輔と組むこととなり、ついに《アウトサイダートリオ》が本格始動する。

 3人そろって挑むのは、キャバクラ嬢・松原みちる(立石晴香)が殺害された事件。捜査の結果、被害者は事件当夜、資産家の御曹司・新見一隆(森田甘路)の“爆誕祭”、つまり誕生パーティーに参加していたことが明らかに。英児たちはみちるとともにパーティーに押しかけていた麻衣(黒崎レイナ)ら3人のキャバクラ嬢に疑惑を抱くが―。

 木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』は、テレビ朝日系にて毎週木曜21時放送。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv