クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『100万回 言えばよかった』井上真央×佐藤健のカップル役に称賛続々「糖度半端ない」

ドラマ

  • twitter
  • facebook
ドラマ『100万回 言えばよかった』第1話より
ドラマ『100万回 言えばよかった』第1話より(C)TBS

関連 :

井上真央

佐藤健

 女優の井上真央が主演を務め、佐藤健と松山ケンイチが共演するドラマ『100万回 言えばよかった』(TBS系/毎週金曜22時)の第1話が13日に放送され、井上と佐藤が恋人役を演じると、ネット上には「お似合いすぎる」「糖度半端ない」などの反響が巻き起こった。

【写真】直木(佐藤健)が巻き込まれた事件を追う刑事の譲(松山ケンイチ) 『100万回 言えばよかった』第1話場面カット

 本作は、ドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)や連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK総合)を手がけた脚本家・安達奈緒子が完全オリジナルで描くファンタジーラブストーリー。数奇な運命にほんろうされながらも奇跡を起こそうとする3人の男女の姿を描いていく。

 幼馴染でお互いを運命の相手だと確信していた相馬悠依(井上)と鳥野直木(佐藤)。2023年1月13日。悠依の誕生日に直木は突然、姿を消してしまう。

 第1話は、恋人がいなくなったことに絶望しつつも懸命に探そうとする悠依と、なぜか自分が誰からも見えなくなってしまい困惑する直木、さらにそんな直木のことが見える刑事・魚住譲(松山ケンイチ)の姿を描く2023年のパートと、悠依と直木の出会いや恋に発展していく過程をつづった過去のパートが交互に描かれるという構成に。

 過去パートでは、悠依と直木が2021年に約20年ぶりの再会を果たす様子や、運命を感じた2人が毎日のように顔を合わせて仲を深めていく姿、さらに直木から悠依へのキスで交際に発展していく様が描かれた。

 そして第1話の終盤、譲を通じて悠依と直木が再会。悠依は姿の見えない直木の存在を感じつつも、その不思議な事実を受け入れきれないでいるのだった…。

 恋人役を演じた井上と佐藤のデートシーンやキスシーンも描かれた第1話の放送後、ネット上には「真央ちゃん×健さんが大優勝」「素敵すぎる お似合いすぎる 可愛い」「井上真央×佐藤健のお似合いカップルが凄くて糖度半端ない」といったコメントが続出。その一方で「この先の展開がかなり辛く感じるやつかなあ」「泣けるドラマになる予感」「これ最後は切ないやつだよね…」などの反響も相次いでいた。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv