クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

蓮佛美沙子、伊藤万理華ら出演『女優は泣かない』、12.1公開 CMディレクター・有働佳史の長編初監督作

映画

 蓮佛美沙子、伊藤万理華、上川周作が出演する映画『女優は泣かない』の公開日が、12月1日と決まった。

【インタビュー】蓮佛美沙子、30代迎え「世間からの見方が変わった」 好きに生きたいとより強く思うように

 本作は、CMディレクターでもあり、『働かざる者たち』『おしゃれの答えがわからない』『面白南極料理人』『賭けからはじまるサヨナラの恋』など数々のドラマ作品の脚本・監督を手がけてきたディレクターの有働佳史が、生まれ育った熊本・荒尾を舞台に挑んだ長編映画初監督作。

 スキャンダルで女優の仕事を失った主人公・梨枝は、ドラマ部志望の若手ディレクター・咲と共に“女優が生まれ故郷の熊本で素顔を見せる”密着ドキュメンタリー撮影に渋々挑むことに。互いに衝突しながらも、女優復帰と希望部署への異動をかけて再起を図ろうとする2人。そんな崖っぷちの彼女たちが、家族の問題や才能の限界などの厳しい現実に直面しながらも、過ちやコンプレックスを乗り越え、やがて自分の居場所、ルーツを再発見するまでを描く。

 監督の有働は、脚本完成に2年近くを費やし、2021年8月に一度クランクインするも、コロナ禍の影響で、2日目にして撮影中断。その後、1年3ヵ月を経て、2022年10月末に再クランクインし、今年11月に九州先行公開、その後、12月に全国公開を迎える。企画立案から完成まで6年。まさに有働の「地元で映画を撮る」という執念が生み出した渾身(こんしん)の一作だ。

 スキャンダルで女優の仕事を失った主人公・梨枝を演じるのは蓮佛美沙子。そして梨枝と衝突しながらもバディとして結束していく若手ディレクターの咲役には伊藤万理華。梨枝の同級生でタクシー運転手の拓郎役を上川周作が演じる。

 蓮佛は「この映画がたくさんの人に届きますように。そして、タイトルの意味を、梨枝のあと一歩の覚悟を、受け取ってもらえますように」と期待を寄せ、伊藤は「カメラ越しで見た梨枝の強さと弱さ、凛としたあの横顔がずっと頭から離れません。美しかったです」とコメント。上川は「現場は熱量がとても高く、みんな一丸となって撮影することができました」と撮影を述懐した。

 有働監督は「『どこかの誰かの物語』ではなく、『いつかの自分の物語』として、様々な境遇の人々に楽しんで頂けるものを作ったつもりです」と自信をのぞかせた。

 映画『女優は泣かない』は、12月1日より全国順次公開。

 コメント全文は以下の通り。

次ページ

<コメント全文>

1ページ(全2ページ中)

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る