クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

『MIRRORLIAR FILMS Season7』に加藤浩次、加藤シゲアキが監督で参戦! 来年5月公開

映画

『MIRRORLIAR FILMS Season7』に監督として参加する(左から)加藤浩次、加藤シゲアキ
『MIRRORLIAR FILMS Season7』に監督として参加する(左から)加藤浩次、加藤シゲアキ(C)2024 MIRRORLIAR FILMS PROJECT

関連 :

加藤浩次

加藤シゲアキ

NEWS

 加藤浩次と加藤シゲアキ(NEWS)が、2025年5月に公開される短編映画制作プロジェクト『MIRRORLIAR FILMS Season7』に収録されるショートフィルムを監督することが決定した。加藤浩次は初監督、加藤シゲアキはショートフィルム『渋谷と1と0と』に続く2本目の監督となる。

【動画】加藤浩次と加藤シゲアキが『MIRRORLIAR FILMS Season7』に監督で参戦! コメント動画到着

 『MIRRORLIAR FILMS(ミラーライアーフィルムズ)』は、クリエイターの育成発掘を目的とする短編映画制作プロジェクト。2021〜2022年に劇場公開されたSeason1〜4では「変化」をテーマに、俳優、映画監督、漫画家、ミュージシャンなどが監督した36本のショートフィルムを発表した。Season5〜8では、「企業版ふるさと納税」の制度を活用した行政の地域振興事業として、撮影支援やワークショップ、上映会が行われるなど、映画製作を通して地域の魅力発見や人々の交流を生み出していき、地方創生に寄与している。秋田県秋田市でプロジェクトを実施したSeason5.6では、竹中直人、漫画家の大橋裕之、小栗旬、浅野忠信らが監督を務めた。

 愛知県東海市で実施するSeason7では、2025年5月1日開館予定の建築家・隈研吾設計による新施設「東海市創造の杜交流館」のオープニング作品として、加藤浩次、加藤シゲアキが監督を務めるショートフィルム2作品が制作される。

 「東海市創造の杜交流館」は、「歴史」「映像(映画)」「交流」をキーワードに、環境にも配慮された新しい施設だ。建築家・隈研吾の設計により、2つの棟からなる高いデザイン性もさることながら、映画が上映できる映像ホールや、美術展示のみならず、インスタレーションも可能な多目的ギャラリー、映像制作ができる編集室や収録撮影スタジオといった全国でも珍しい機能を持った施設となる。カフェや会議室、地元横須賀地区の歴史を学ぶことができる展示スペース、建物の外にはイベントで使用できる広場があり、来館者がくつろいだり、さまざまな使い方、イベントを楽しめる施設となる。

 加藤浩次は「今回東海市でショートフィルムを撮ることになりましたけれども、ちょっとびっくりしました。僕自身、ずっと映画は好きでずっと見ていましたが、ショートフィルムを監督するのが自分なんかで大丈夫なのかなと思ったんですけど、やるとなったら、東海市の皆さんに協力を得ながら、精一杯、脚本も監督も自分でやろうと思っています」と意気込みを語った。

 加藤シゲアキは、「どんな作品を作るのかはまだ具体的には決め切れていないのですが、東海市と一緒にやるからという、ならではのものができればと、それこそ、加藤シゲアキならではのもの、今から必死に知恵を絞って考えていきたいなと思っておりますし、見ていただいた方、撮影に関わった現場、全ての方が、やってよかった、見てよかったと思えるような現場づくりを目指し、いい作品を届けて参りたいなと思います」とコメントを寄せた。

 なお、オムニバス映画『MIRRORLIAR FILMS Seaosn5』は、5月31日に劇場公開するほか、映像配信サービス「Lemino」内の『MIRRORLIAR FILMS』チャンネルや、JOYSOUNDの対象機種を導入の全国のカラオケルームで利用できるサービス「みるハコ」にて順次配信予定だ。

 映画『MIRRORLIAR FILMS Season7』は2025年5月公開予定。

 加藤浩次、加藤シゲアキらのコメントは以下の通り。

次ページ

<コメント全文>

1ページ(全2ページ中)
『MIRRORLIAR FILMS Season7』コメント動画

この記事の写真を見る

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る