クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『るろうに剣心』志々雄と由美の出会いを描く、新作読み切り掲載決定!

映画

  • twitter
  • facebook
『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』完成を記念し、和月伸宏が「志々雄と由美の出会い」を新作読み切りとして描き下す
『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』完成を記念し、和月伸宏が「志々雄と由美の出会い」を新作読み切りとして描き下す(C)和月伸宏/集英社 (C)2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会

 2012年の大ヒット映画、佐藤健主演『るろうに剣心』。その続編として今夏、『るろうに剣心 京都大火編』と『るろうに剣心 伝説の最期編』が2作連続公開となる。このたび、本作の原作者・和月伸宏が撮影現場を訪れたときに描くことを決意したという「志々雄真実と駒形由美との出会い」が「ジャンプSQ.」8月号より新作読み切りとして前後編で掲載されることが発表された。

【関連】志々雄真実と駒形由美が寄り添うフォト 拡大

 新作読み切りについては、5月2日発売の「ジャンプSQ.」ですでに発表されており、SNSでの呟きは1日で4700件を超えるほど話題となっていた。

 原作者の和月氏は、撮影現場で由美を演じる高橋メアリージュンを見た際のことを「『…何だろう、あの大輪の花の様な美人は?』と自然と目が追う程の立ち振りで、まさに花魁上がりの由美そのものだった」と振り返る。

 さらに「ハマリ役の役者陣と熱気溢れる制作陣、イイモノを見ると自然に頭が活性化して漫画にしたくなるのは漫画家として当然の事」と、志々雄と由美のアナザーストーリーが描かれることも必然的だったことを明かす。

 反逆者として明治政府に追われていた志々雄真実と、新吉原で一番の花魁だった駒形由美がどのように出会い、どんな経緯で十本刀を始めとする志々雄一派が作られていくのか…。期待して待ちたい。

 『るろうに剣心』特別新作読み切りは、「ジャンプSQ.」8月号より前後編で掲載。

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv