イドリス・エルバ、殺人鬼役で新境地 全米No.1『善き人に悪魔は訪れる』公開決定

映画

  • twitter
  • facebook
『善き人に悪魔は訪れる』ビジュアル
『善き人に悪魔は訪れる』ビジュアル(c)2014 Screen Gems, Inc. All Rights Reserved.

関連 :

イドリス・エルバ

タラジ・P・ヘンソン

 『パシフィック・リム』や『マイティ・ソー』に出演する俳優イドリス・エルバが狂気の殺人鬼役に挑戦。昨年9月に全米公開され、初登場No.1の大ヒットを記録したサスペンス・スリラー映画『No Good Deed』の邦題が『善き人に悪魔は訪れる』に決定。初夏、新宿シネマカリテほかにて全国公開されることになった。

【関連】「イドリス・エルバ」フォトギャラリー

 本作は、逃亡中の凶悪犯と知らず、夫が留守中の家に見知らぬ男を招き入れてしまった主婦を待ち受ける惨劇の夜を描いたサスペンス・スリラー。静かな郊外の一軒家を殺人鬼と化した男に支配され、幼い2人の子どもを守るため1人で戦う母親が決死のサバイバルを繰り広げる。

 舞台はアトランタ郊外。嵐の夜、1人の男が電話を貸してほしいと現れる。自動車事故で頭に負った怪我を手当てするため、夫が留守中の子供2人と自分だけの家に男を招き入れるテリー。まだその時は、男が移送中に逃亡した凶悪な殺人犯だったとは、知る由もなかった。男の言動に、徐々に不信感を覚えるテリーだったが、訪ねてきた友人の姿が消えた時、すべてを確信する。「この男は私を殺そうとしている…」。

 この殺人鬼と対決するタフな母親には『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされた実力派タラジ・P・ヘンソンが扮し、エルバと白熱の演技バトルを展開する。監督は、エルバ主演で人気を博した大ヒットテレビシリーズ「刑事ルーサー」の演出家サム・ミラーが務め、手に汗握るスリラーに仕上げている。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access