クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『AKIRA』ハリウッド実写映画化、今度は『デアデビル』ドラマ脚本家を起用

映画

  • twitter
  • facebook
『AKIRA』ハリウッド実写化に動き!
『AKIRA』ハリウッド実写化に動き!(C) AFLO

関連 :

大友克洋

ジャウマ・コレット=セラ

 2008年に米ワーナー・ブラザースが映画化権を獲得して以来、製作が進められては頓挫していた日本の人気アニメ原作『AKIRA』のハリウッド実写化。The Hollywood Reporterによると、プロジェクトが再始動し、Netflix配信の『デアデビル』実写ドラマで脚本と製作をてがけるマルコ・ラミレスが、脚本を執筆することに決まったという。

【関連】「レオナルド・ディカプリオ」フォトギャラリー

 大友克洋が手掛けた漫画&アニメ『AKIRA』のハリウッド実写化。金田役のギャレット・ヘドランドを筆頭に、クリステン・スチュワートやゲイリー・オールドマン、渡辺謙などが出演交渉に入ったと伝えられたが製作は棚上げ。監督に決まっていたジャウマ・コレット=セラが今年に入り、「何の進展もない」と語っていたが、ようやく進行に拍車がかかる様相を呈している。

 近未来に建設された“ネオ東京”を舞台に、超能力を持つ少年アキラを巡り、金田率いるバイク集団やゲリラ、軍などの攻防を描く『AKIRA』。ワーナー・ブラザースと共に製作を進めるのは、レオナルド・ディカプリオの製作会社アピアン・ウェイと映画『アメリカン・スナイパー』(15)のアンドリュー・ラザーとのことだ。

 前回の脚本を執筆した、映画『アフター・アース』(13)のゲイリー・ウィッタは、ハリウッド版に脚色する上で、舞台を「日本が所有するマンハッタン」に変えたと語っていたが、新しい脚本ではどうアレンジされるのか。見直される可能性のあるキャスティングや監督など、続報を待ちたいところだ。


この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access