ダイアモンド☆ユカイ『ミス・サイゴン』エンジニア役に! アメリカン・ドリーム叶う

エンタメ

  • twitter
  • facebook
ダイヤモンド☆ユカイ、ミュージカル『ミス・サイゴン』エンジニア役に決定
ダイヤモンド☆ユカイ、ミュージカル『ミス・サイゴン』エンジニア役に決定 クランクイン!

関連 :

ダイアモンド☆ユカイ

市村正親

駒田一

 ミュージシャン・俳優として活躍するダイアモンド☆ユカイが、ミュージカル『ミス・サイゴン』にエンジニア役として、市村正親、駒田一と共にトリプルキャストで出演決定。自身のブログにて、本作にかける思いを綴っている。

【関連】ダイアモンド☆ユカイも出席した舞台『私のホストちゃん』フォトセッション・囲み取材<フォトギャラリー>

 『ミス・サイゴン』の舞台はベトナム戦争末期。両親を失った少女キムは陥落直前のサイゴンで、フランス系ベトナム人のエンジニアが経営するキャバレーでアメリカ兵クリスと出会い、恋に落ちる。お互いに永遠の愛を誓いながらも、サイゴン陥落の混乱の中、二人は無情にも引き裂れてしまい…。『レ・ミゼラブル』クリエイター陣が、“母子の愛と絆”“理想と悪夢”“戦争と平和”など現代に通じるテーマを壮大なスケールで描く。

 1992年、帝国劇場での日本初公演以来、大好評を博す『ミス・サイゴン』。今回の再演でのキャスト第一弾として発表されたのが、物語の鍵を握る狂言回し的な存在も兼ねるエンジニアを演じるユカイ、市村、駒田の3人。

 ユカイは自身のブログで「ミュージカル『ミス・サイゴン』を初めて観た時に劇の完成度、ストーリー、音楽の素晴らしさに魅せられて、挿入歌のアメリカン・ドリームには、少年の頃にビートルズのジョンの歌うツイスト&シャウトと出会った時のように釘付けになりました」と、同作との出会いを告白。

 さらに、「ビートルズを知り、ロックスターになる事を夢見た日ように、帝国劇場の舞台に立ち、アメリカン・ドリームを歌うという夢を諦めきれず、密かにトレーニングを積み重ね、オーディションを受けて、今回、エンジニアの役をやらせて頂く事になりました」と出演に至った経緯を明かし、「私はミュージカルの世界では、新人です。市村正親さんを始め、サイゴンファミリー、スタッフの皆様にご指導頂き、精進して行く所存です」と意気込みを語った。

 ミュージカル『ミス・サイゴン』は帝国劇場にて2016年10月開幕。

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access