野呂佳代「元AKBの栄光を存分に発揮したい」 憧れの『アニー』出演

エンタメ

  • twitter
  • facebook
ミュージカル『アニー』制作発表に登壇した野呂佳代
ミュージカル『アニー』制作発表に登壇した野呂佳代 クランクイン!

関連 :

遼河はるひ

野呂佳代

三田村邦彦

大口兼悟

 元AKB48でタレントの野呂佳代が28日、ミュージカル『アニー』制作発表に登場した。オーディションを勝ち進み、みごとにアニー役に選ばれた河内桃子と池田葵を前に“アニー”の衣装で現れると、「なんか、本当にすいません」と頭を下げ恐縮した。

【関連】ミュージカル『アニー』制作発表<フォトギャラリー>

 小さい頃から『アニー』のドキュメンタリーを見て、その大変さを感じ取っていたという野呂は「先輩みたいな感じでアニー役の方には敬語を使ってしまう。むしろ敬語が止まらない。敬語でしかお話しができないと思う」とその理由を明かす。本作では悪巧みをするリリー役に扮することになったが、「自分自身はすごくピュアなので、役作りをして頑張りたい」とニヤリ。また、「ミュージカルは4年ぶりくらい。これほど元AKBという過去の栄光に浸れる場所はないので、存分に発揮していきたい」と意気込んだ。

 ほか、ミス・ハ二ガン役の遼河はるひは「宝塚から卒業して6年になる。ブランク前も男役だったので、初舞台の気持ちで頑張っていきたい」と抱負を述べ、「今回は悪役ですが、宝塚時代も悪役は好きだった。とことん子どもたちをいじめぬきたいと思う」と不敵な笑みを浮かべた。

 本作は、1924年からアメリカで新聞連載がスタートした漫画「ザ・リトル・オーファン・アニー(小さい孤児アニー)」をもとに、1977年にブロードウェイのアルヴィン劇場(現ニール・サイモン劇場)で誕生したミュージカル。同年のトニー賞において、作品賞をはじめ7部門を受賞し、現在も世界各国で上演され続けている。日本では1986年の初演からスタートし、これまで163万人もの動員を記録している。

 当日はほかにも三田村邦彦、木村花代、大口兼悟らが登壇。ミュージカル『アニー』は4月23日から5月9日まで、新国立劇場中劇場にて上演される。

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access