女性への首絞めシーンを使った『X-MEN』最新作の広告、米フォックスが謝罪

映画

ミスティークの首絞めシーンを使った広告が物議を醸して、配給元が謝罪(『X-MEN:アポカリプス』場面写真より)
(C)AFLO

 人気映画『X-MEN』シリーズを制作・配給する米20世紀フォックスが、新シリーズ第3弾『X-MEN:アポカリプス』(2016年8月日本公開)の宣材用ビジュアルに、ジェニファー・ローレンス演じるミスティークがオスカー・アイザック演じる悪役アポカリプスに首を絞められている場面を使用して物議を醸し、謝罪するに至ったという。

関連記事

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access