朝ドラ『べっぴんさん』、さくらと健太郎の結婚を認めようとするすみれだが…

エンタメ

『べっぴんさん』第23週「あいを継ぐもの」
(C)NHK

 NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』。先週放送分では、キアリスに入社したさくら(井頭愛海)は、提案したデザインをすみれ(芳根京子)たちに却下され、「キアリスらしさ」について思い悩む。君枝(土村芳)の息子・健太郎(古川雄輝)は開発宣伝部に配属されるが、経営陣の身内ということで快く思わない社員たちには歓迎されない。社長の紀夫(永山絢斗)は期間限定で、若手社員だけで仮店舗を営業させ結束を強めようと考える。当初は苦戦するものの商品が完売、健太郎は同僚からの信頼を得る。一方、大阪万博が開幕し日本中がわき立つ中、「エイス」社長の栄輔(松下優也)は万博のショーを演出することに。そこで子どもたちに着せる衣装の提供をキアリスに依頼する。すみれたちは奮起しショーは大盛況となった。試行錯誤の末ついに自分なりに「キアリスらしさ」をみつけたさくらは商品審議会ですみれからデザインを認められ商品化へ。一方、周りには秘密にしながらさくらと交際していた健太郎は決意をかため、すみれたちの前で突然の結婚宣言をする。

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access