ロック様VS巨大怪獣! 『ランペイジ 巨獣大乱闘』日本語メッセージ付き特報解禁

映画

  • twitter
  • facebook
映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』メインビジュアル
映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』メインビジュアル(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

関連 :

ドウェイン・ジョンソン

ナオミ・ハリス

マリン・アッカーマン

ジェイク・レイシー

ジョー・マンガニエロ

ジェフリー・ディーン・モーガン

 ドウェイン・ジョンソンを主演に迎えた映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』が5月18日より公開することが決定し、併せてドウェインから日本に向けた特別コメント付き特報映像が解禁された。

【写真】「ドウェイン・ジョンソン」フォトギャラリー

 本作は、1986年に発売されたアーケード・ゲーム「RAMPAGE」を基に、遺伝子実験の失敗により巨大化した動物たちが暴れまわるという巨大怪獣パニック・アクション。『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズを手掛けた視覚効果VFXチームのウェタデジタル社がCGを担当し、巨獣たちをリアルに表現する。

 ある日、遺伝子実験の失敗によりゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが巨大化し、凶暴化してまうという事件が発生。さらに巨大化が止まらない怪獣たちは、ある場所を目指して北米大陸を破壊しながら横断していく。やがて一か所に集結した怪獣たちは、街を舞台に大乱闘を開始。軍隊の必死の抵抗もむなしく、破壊を止めない怪獣たちには銃もミサイルも効かない。果たして怪獣たちの目的は何なのか。

 今回公開された日本限定の特報映像では、「よぉ!オレはドウェイン・ジョンソン!」と自ら日本語で名乗るドウェインが登場。「日本には何度も行っていて、日本の怪獣映画のすばらしさはよく知ってる、最高だ。でも今回は怪獣ファンだけでなく誰もが楽しめるぞ。なんせオレが戦うのは、とにかくどデカい怪獣だ!しかもどんどんデカくなる!」と作品の魅力を語り、何度も練習したという日本語「キョダイカガ トマラナイ!」を、熱気とともに叫んでいる。

 続く映像には、“巨大化が止まらない!”と画面いっぱいに打ち出された文字のあとに、大暴れする白い毛色のアルビノ種ゴリラが登場。続いて、ヘリコプターに飛び掛かる巨大オオカミや、大都会を舞台に巨獣たちが続々と参戦し、大乱闘する迫力の映像が繰り広げられる。終盤には水中にいる新たな巨獣の登場を期待させ、さらなる大乱闘を予感させる映像となっている。

 映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』は5月18日より全国公開。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access