クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

高畑勲監督お別れ会、盟友・宮崎駿監督が涙で思い出を語る

アニメ・コミック

  • twitter
  • facebook
高畑勲監督お別れ会に出席した宮崎駿監督
高畑勲監督お別れ会に出席した宮崎駿監督

関連 :

高畑勲

鈴木敏夫

 15日、三鷹の森ジブリ美術館にて、4月5日に肺がんのため82歳で逝去された高畑勲さんのお別れ会が行なわれ、盟友の宮崎駿監督、作曲家の久石譲、鈴木敏夫プロデューサーら高畑さんゆかりの人々たち約1200名が故人を偲んだ。

【写真】高畑勲監督お別れ会の様子&思い出の作品紹介

 開会の辞を述べた宮崎監督は「僕はパクさんと呼んでいました」と高畑監督の愛称をつぶやくと「パクさんは95歳まで生きると思い込んでいました」と早すぎる死を惜しむとともに「こうしてなくなってしまうと、自分にも時間がないのかなと感じてしまいます」としみじみ語る。

 その後は「いまから55年前の1963年、パクさんが27歳、僕が22歳のとき、バス亭にいる僕に近づいてきて言葉を交わしたのが最初の出会いでした」と当時を振り返ると、ともに戦いの日々だったという東映動画での長編アニメーション映画『太陽の王子 ホルスの大冒険』での話に…。

 宮崎監督は「あのときの僕は新米アニメーターに過ぎなかったのですが、(アニメーターの)大塚康生さんやパクさんはどれだけ長編アニメーションを作ることは戦いであることがわかっていた」としみじみ語ると「この作品で僕は仕事を覚えました。初号の試写をみたとき、感動ではなく驚愕して動けなかった。なんという強い絵、そして圧倒的な絵、そして優しさなんだろうと思った。パクさんはそれを成し遂げたんです」と涙を流す。

 何度も溢れ出る涙を拭きながらも言葉を紡いだ宮崎監督は最後に「パクさん、僕らはあの時代、精一杯生きたんだ。55年前、あのバス停で声をかけてくれたことを忘れません」と高畑監督への感謝を述べていた。

 宮崎監督のあとには、アニメーターで作画監督の大塚康生、小田部羊一、作曲家の久石譲、マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットがお別れの言葉を述べたが、高畑監督がプロデューサーを務めた『風の谷のナウシカ』で初めて出会ったという久石が「映画監督のなかで、あれだけ音楽に造詣が深い人はいない」と高畑監督のすばらしさを絶賛すると「『風の谷のナウシカ』のとき宮崎さんは作画が忙しくて、音楽は高畑さんが担当されていた。7時間以上ミーティングをすることもあるほど熱心に向き合っていただきました」と当時を振り返る。いまや日本を代表する音楽家であるが「当時無名の僕を起用してくれたのは高畑さん。今日の僕があるのは高畑さんのおかげです」と熱い思いを吐露していた。

1ページ(全2ページ中)

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access