ジョニー・デップ、暴力を振るわれたとする映画スタッフの主張を否定

セレブ&ゴシップ

新作映画の元スタッフに損害賠償を求められているジョニー・デップ
(C) AFLO

 俳優ジョニー・デップが新作『City of Lies(原題)』の撮影で、ロケーションマネージャーだったグレッグ・“ロッキー”・ブルック氏に暴力を振るったとして訴えられている件で、相手の主張を否定していることが判明した。

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access