今夜『絶対零度』監視映像に桜木泉らしき人物の姿が…

エンタメ

  • twitter
  • facebook
『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第9話場面写真
『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第9話場面写真(C)フジテレビ

 俳優の沢村一樹が主演を務めるドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第9話が今夜放送される。ミハンメンバーが黒幕の存在に気付き始めるなか、監視映像に桜木泉らしき人物の姿が映る。

【写真】『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第9話フォトギャラリー

 井沢(沢村)たち「ミハン」チームは着々と成果を上げていた。それを受け、警視庁上層部は、国家公安委員会で意見をまとめ、次のステージとなる法制化に向けて政界に働きかけると東堂(伊藤淳史)に伝える。

 そんな中、「ミハン」が驚くべき危険人物をリストアップする。それはSPである警護課の捜査員・石塚辰也(高橋努)。石塚は、要人警護のスペシャリストで、逮捕術、格闘術など、すべての面で突出した能力を持つ男で、井沢自身も面識があった。また、プライベートでは「開かれた警察」を目的に、地域住民に武術を教える活動もしているのだという。

 そこで東堂は、モニターに直近1週間の石塚の監視記録を映し出した。すると山内(横山裕)は、2つの監視映像に映り込んでいる桜木泉(上戸彩)らしき女性の姿に気づく。ベトナムで死んだはずの桜木は生きているのではないか。だとしたら、彼女はなぜ石塚を追っているのか。井沢は、今回の危険人物を止めることが、桜木やその先の真実にも繋がっていると考える。

 石塚をマークしていた小田切(本田翼)は、早々に尾行を見破られ、圧倒的な強さで石塚にとらえられてしまう。覚悟を決めた小田切は、資料課分室に所属する警察官であることを打ち明け、格闘技を教えてもらおうと思ったと嘘をつく。小田切が井沢の部下であることを知った石塚は、彼女の申し出を受け入れる。

 一方、山内とともに石塚のマンションに潜入した井沢は、石塚が国家公安委員長・滝本健三(山田明郷)の情報を集めていることを知る。

 ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第9話は、フジテレビ系にて今夜21時放送。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access