長谷川博己のエモーショナルな演技に視聴者が感動の涙『まんぷく』第4週

エンタメ

連続テレビ小説『まんぷく』で立花萬平を演じる長谷川博己
連続テレビ小説『まんぷく』で立花萬平を演じる長谷川博己 クランクイン!

 安藤サクラ主演のNHK連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第4週「私がみつけます!」(第24回)が27日に放送され、ヒロインの夫・萬平役の長谷川博己のエモーショナルな演技に「やるせない…」「朝から泣いた」「涙が止まらない」などのツイートが殺到した。

【写真】『まんぷく』第4週「私がみつけます!」フォトギャラリー

 福子(安藤)の看病と鈴(松坂慶子)のお百度参りのかいもあってか、目を覚ました萬平(長谷川)。病気の峠を越えて数日後、萬平は入隊するものの、その日の内に戻されてしまう。落ち込む萬平を、福子は散歩に連れ出すのだが、そこへ突然、米軍の戦闘機がやってきて…。

 目を覚ました萬平に福子が「お母さん、萬平さんのためにお百度参りしてくれたんよ」と語りかけると、鈴は恥ずかしそうに「私は…昔の人ですから…」と一言。鈴が口癖の“私は武士の娘”を封印したことについてSNSには「武士の娘ですって言わんくなったwwwアイデンティティがwww」「武士の娘が昔の人に進化したー!」などの投稿が寄せられた。

 赤紙を受け取り入隊したものの、戻されてしまう萬平。うなだれる彼を元気づけようと、福子は萬平を散歩に連れ出す。外に出た二人が疎開先の人々と話しているところに、戦闘機がやってきて機銃掃射。幸い、誰もケガ人はなかったが、無力感に苛まれた萬平は、その場にしゃがみ込み、地面に拳を全力で打ちつけながら「ちくしょう! 情けない!」と絶叫。さらに福子に対して「申し訳ない!」と頭を下げる。

 萬平役の長谷川のエモーショナルな熱演に、視聴者から「やるせない…」「役に立てないのが辛いんだな」「申し訳ないことはないんだよ萬平さん」などの声がSNSに寄せられた。さらに「今日の展開悲しい」「朝から泣いた」「涙が止まらない」などの声も殺到。

 福子はそんな萬平を「戦争に行かなくともお国の役に立てることはきっとあります」「私は萬平さんに生きていてほしい」と励ます。さらに「僕にできること…」とつぶやいた萬平に、福子は「大丈夫、私が見つけてあげます」と応える。このやりとりに視聴者からは「それが今週の週タイトルだったのね」「週タイトル回収」などの声がSNSに寄せられた。

関連記事

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access