岡田准一と入れ替わり!? 『来る』にザキヤマが“来る~” コラボ実現

映画

  • twitter
  • facebook
映画『来る』×ザキヤマコラボビジュアル
映画『来る』×ザキヤマコラボビジュアル(C)2019「来る」製作委員会

関連 :

山崎弘也

岡田准一

中島哲也

 V6の岡田准一が主演を務め、『告白』の中島哲也監督がメガホンを取る映画『来る』から、アンタッチャブル・山崎弘也とのコラボビジュアルとコラボ映像が解禁。「来る~」のネタでおなじみの山崎が岡田と入れ替わり、映画をジャックしていく。

【写真】岡田准一らが登壇した『来る』製作報告会の様子

 本作は、第22回日本ホラー小説大賞で大賞に輝いた澤村伊智のホラー小説『ぼぎわんが、来る』(角川ホラー文庫)を実写映画化したもの。名前を呼んではならない”あれ”に狙われた人間の心の闇を描く。岡田をはじめ、日本アカデミー賞受賞歴を持つ、黒木華、小松菜奈、松たか子、妻夫木聡ら豪華俳優陣が集結した。

 公開されたコラボビジュアルには、映画本編には一切出演していない、いつもの白シャツと白ネクタイ姿の山崎が、主演の岡田と入れ替わる形で登場。さらにコラボ映像では、本編映像の節々で、山崎が「からの~」「来る~」といったのおなじみのフレーズを合いの手のように挿入するというユニークなコラボが実現している。

 撮影現場では、定番フレーズの「来る~」を中心に20カット以上を撮影し、多数のアドリブにも完璧に対応。完成度の高さのあまり、スタッフ陣が笑いに耐えられず、NGが出てしまう場面もあったそう。

 山崎は撮影後のインタビューで、共演していない役者陣の印象、観ていない映画の感想を的確かつ適当に回答。「今回、体重を60キロ落として撮影に挑ませていただきました」と冗談交じりに話し、「薩摩弁に感情をのせる(※本編にそんなシーンはない)のがとても難しかったですが、日本アカデミー賞ガッツリ狙うためにも頑張りました。今回のコラボレーション、今までで一番いい仕事ができたという充実感があります!」とコメントを寄せた。

 今回のコラボを記念して、映画の公式サイトでも、11月15日の午前10時から翌16日の午前10時までの24時間限定で、山崎が岡田のビジュアルと入れ替わって、映画『来る』をジャックする。

 映画『来る』は12月7日より全国公開。

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access