北川景子の“ケツ”「触りたいならどうぞ」に視聴者騒然 『家売るオンナの逆襲』第2話

エンタメ

  • twitter
  • facebook
北川景子
北川景子 クランクイン!

 女優の北川景子が主演を務めるドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第2話が放送され、北川演じるヒロイン万智に「ケツ触らせろ」と絡んできた酔っ払いに対し、「触りたいならどうぞ」と万智が返したシーンに「ケツ触りたいんならどうぞってw」「かっこいいな三軒屋さん...」「何回もケツって言わないで...笑」などの声が視聴者から殺到した。

【写真】北川景子が「ケツ」と連呼『家売るオンナの逆襲』第2話フォトギャラリー

 本作は、2016年7月期と2017年5月のSPドラマで放送された『家売るオンナ』シリーズの続編。伝説の不動産屋・三軒家万智を主人公に、彼女が顧客の個人的な悩みや問題にも容赦なく関わりながら、家という人生最大の買い物を型破りな方法でダイナミックに売りまくる姿をコミカルに描いていく。

 高齢のひとり客・神子巴(泉ピン子)から契約をドタキャンされた庭野(工藤阿須加)。庭野の内見にダメ出しをする神子の前に現れた万智(北川)は“自分が家を売る”と宣言。神子から酒に付き合わされた庭野は、終電を逃しネットカフェを訪れるが、なぜかそこで神子と鉢合わせてしまう。そこへ留守堂(松田翔太)が現れ、訳あってネットカフェ暮らしをする神子に対して独自の家哲学をとき、すっかり彼女の心をつかんでしまう…。

 夜の街を1人で歩く万智は、通りすがりの酔っ払いから「姉ちゃん! ケツ触らせろよ!」と声をかけられる。「ケツ! 私の!?」と驚く彼女に、酔っ払いは「そ〜だよ、姉ちゃんのオ・ケ・ツ」と一言。それに対して万智は「結構ですが、夫婦でも恋人でもない私のケツを、あなたが触ることにどういう意味があるのでしょうか!?…そんなに触りたいならどうぞ!」とまくしたてる。このシーンに視聴者からは「ケツ触りたいんならどうぞってw 北川景子に言われたらやばい」「何回もケツって言わないで...笑」「かっこいいな三軒屋さん...」などのツイートが殺到。

 その後、スーパーで鉢合わせした万智と屋代(仲村トオル)の夫婦ゲンカが勃発。どんなに仕事が忙しくても、食事は世界各国のフルコース料理を振る舞う万智に対して、屋代は「レストランみたいな食事じゃなくていいんだよ、家なんだから」と話すと、万智は「ハ? それは私の料理が気に入らないという意味ですか?」と反論。このやり取りに対してネット上には「夫婦喧嘩かわいい」「この夫婦のやり取りだけでもいくらでも見れるわw」などの反響が寄せられた。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access