杉咲花、笑顔からの「ぶっ殺す」に視聴者騒然 『ハケン占い師アタル』初回

エンタメ

  • twitter
  • facebook
『ハケン占い師アタル』制作発表記者会見時の杉咲花
『ハケン占い師アタル』制作発表記者会見時の杉咲花 クランクイン!

 女優の杉咲花が主演を務めるドラマ『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の初回が放送され、杉咲演じるヒロインが笑顔からひょう変し「ぶっ殺す」とささやくシーンに「毒が強いなwww」「怖いけどめっちゃ面白い」「遊川節効いてるな〜」などのツイートが寄せられた。

【写真】急に態度がデカくなる杉咲花 『ハケン占い師アタル』第1話フォトギャラリー

※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。

 本作は、他人のあらゆることが見える特殊能力を持つ的場中(杉咲)を主人公に、彼女が周囲の人たちの悩みを解決していく姿を描くお仕事コメディードラマ。『家政婦のミタ』『過保護のカホコ』を手がけた遊川和彦が脚本を担当し、テレビの連続ドラマの演出にも初挑戦する。

 イベント会社「シンシアイベンツ」に、派遣社員のアタル(杉咲)が入ってきた。社会人経験のないアタルは、正社員・神田和実(志田未来)の下で、雑用から覚え始めることに。その矢先、部長の代々木匠(及川光博)は新商品イベントの舞台に50人の赤ちゃんを集めるよう指示。そんな中、初めて運営を任された和実は大きな悩みを抱えていた…。

 和実は、ひょんなことから一緒に働いているアタルがかつて“天才占い少女”と呼ばれていたことを知る。和実は職場でアタルに「私のこと見てくれないかな」と懇願。和実は占いを固辞するアタルに、涙ながらに自身の生きづらさを吐露する。するとアタルは「わかりました」と、会社の中の空き部屋へ和実を導く。部屋で2人っきりになるとアタルは腕組みし「言っとくけど10万だよ、私の占い料」と一言。仕事中の穏やかな態度から一変したアタルに和実は「そんでそんないきなり上から目線なんですか…?」とタジタジ。このシーンに対してネット上には「こっわwww」「豹変(笑)」「アタルちゃんのキャラ変がスゴイwww」などの反響が。

 第1話の終盤、和実から“友達になってほしい”と言われたアタルは「うれしいです! 初めてだから友達」と満面の笑みに。しかし表情を一変させると「でも…占いのこと…人に言ったらぶっ殺すから」と言い放つ。このセリフに視聴者からは「最後に毒舌」「毒が強いなwww」「怖いけどめっちゃ面白い」などのツイートが殺到。さらにSNS上には「アタルちゃん、いかにも遊川ヒロインらしい」「遊川節効いてるな〜」などの声も寄せられた。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access